Chapter.5

小山薫堂
新型イヴォークを語る

愛好家が見いだした、
新型イヴォークに宿るレンジローバーのDNA

ユニークで斬新な番組を数多く手がけてきた放送作家・脚本家の小山薫堂さん。
何台ものレンジローバーを乗り継いできた“愛好家”である彼の目には
新しいレンジローバー イヴォークはどのように映ったのだろうか。

文=今尾直樹/写真=荒川正幸

Text by Naoki Imao / Photographs by Masayuki Arakawa

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 5-1

出会いは30年近く前のこと

「僕、ずーっとレンジ(ローバー)派だったんですよ」

新型レンジローバー イヴォークを運転するのはもちろん初めてなのに、勝手知ったるクルマのごとくスイスイ走らせながら、小山薫堂さんは落ち着いた声でそう言った。

現在4種類のモデルがラインナップされるレンジローバーシリーズ。中でもレンジローバー イヴォークは、最もコンパクトで都会的なキャラクターのモデルだ。

「最初に買ったのは1990年だから、もう30年近く前。その後、いろいろレンジを乗り継いだんですけど、やっぱり“クラシック・レンジ”がよくて、自分が手放したレンジを探し出したんですよ。見つけ出したとき、それは部品取り用の事故車両になっていたので、結局、同じ色で同じ型の、普通に走るレンジローバーを買って、そっちをドナーにすることで思い出のレンジをよみがえらせたんです。普通に走るクルマをつぶしちゃったから、それはちょっと罪悪感もあったんですけど」

「初代のレンジは、運転席のポジションが好きなんです。いまよりもっと馬車に乗っている感じで、座面が高くて、もっとサイドガラスの位置も低いじゃないですか。いまのモデルは安全性のためにドアももっと厚くなっていますし、あのペラペラ感がよかったというか。当時は、よく徳大寺(有恒)さんが『砂漠のロールス・ロイス』とおっしゃっていて、『なんでこれがロールス・ロイスなんだろう』といま乗ると思いますけど(笑)。それでも、僕はあれぐらいでちょうどいいなと思いますけどね。車幅も狭いですし。いまのはどれも大きくなっちゃって」

英ランドローバーのSUVの中でも、特にラグジュアリーなモデルに冠されるレンジローバーというモデル名。その起源は1970年に誕生した初代レンジローバーにさかのぼる。

1990年に日本での販売が始まった初代レンジローバーは全長×全幅×全高4470×1780×1780mmで、ホイールベースは2540mmにすぎなかった。当時、ブリティッシュグリーンのレンジローバーを愛車にしていた徳大寺さんがこんな意味のことをよく語っておられた。「背が高いから大きく見えるけど、クラウンより小さいんです」

対して新型イヴォークは、4380×1905×1650mmと2680mmで、グッと短くてドカッと幅広くて、ギュッと低い。そのサイズからして、コンパクトでクーペライクな、21世紀の都会派SUVという、コンセプトもメカニズムも初代とはまったく異なることをよく示している。

左右フェンダーの上に覆いかぶさるクラムシェル型のボンネットや、車両の前後に大きくあしらわれた「RANGE ROVER」のロゴなどは、初代レンジローバーから受け継がれるアイコンだ。

「これ、レンジらしさは感じないんですけど。いい意味で感じない」

薫堂さんの第一印象は、新型イヴォークのキャラクターを素直に表したものだった。

小山薫堂(こやま くんどう)
『カノッサの屈辱』や『料理の鉄人』『ニューデザインパラダイス』など、斬新な番組の企画・構成を数多く手がけてきた放送作家・脚本家。初の映画脚本となる『おくりびと』では、日本アカデミー賞最優秀脚本賞など、国内外で多数の賞を獲得。「それは新しいか?」「それは誰を幸せにするか?」「それは自分にとって楽しいか?」を常に自分に問いかけ、企画に臨んでいる。1964年、熊本県生まれ。

  • 現在4種類のモデルがラインナップされるレンジローバーシリーズ。中でもレンジローバー イヴォークは、最もコンパクトで都会的なキャラクターのモデルだ。

  • 英ランドローバーのSUVの中でも、特にラグジュアリーなモデルに冠されるレンジローバーというモデル名。その起源は1970年に誕生した初代レンジローバーにさかのぼる。

  • 左右フェンダーの上に覆いかぶさるクラムシェル型のボンネットや、車両の前後に大きくあしらわれた「RANGE ROVER」のロゴなどは、初代レンジローバーから受け継がれるアイコンだ。

  • 小山薫堂(こやま くんどう)
    『カノッサの屈辱』や『料理の鉄人』『ニューデザインパラダイス』など、斬新な番組の企画・構成を数多く手がけてきた放送作家・脚本家。初の映画脚本となる『おくりびと』では、日本アカデミー賞最優秀脚本賞など、国内外で多数の賞を獲得。「それは新しいか?」「それは誰を幸せにするか?」「それは自分にとって楽しいか?」を常に自分に問いかけ、企画に臨んでいる。1964年、熊本県生まれ。

レンジローバー イヴォークの
最新情報はこちら

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 5-2

オンロードでの走りに驚く

「すごく乗りやすいし、これ、2リッターですか」

試乗車は2020年モデルのみに用意されるFIRST EDITION(ファーストエディション)という限定モデルのP250である。R-DYNAMIC SEをベースとするこれは、ディーゼルのD180とガソリンのP250が選べる。「ノリータグレー」なる専用色をまとい、20インチホイールにパノラミックルーフを標準で装備するのが外観上の特徴だ。

今回試乗したのは、2020年モデルのみに設定される限定グレードのFIRST EDITION。最高出力249psの2リッターガソリンターボエンジンを搭載した仕様である。

P250の2リッター INGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンは、最高出力249ps/5500rpm、最大トルク365Nm/1500-4500rpmを発生。電子制御の9段ATを介して、4輪を駆動する。車重は1840kg。6種ものドライビングモードがあらかじめ設定されているけれど、今回はもっぱらコンフォートモードを選んでの感想だ。

「バランスがすごくいい気がします。都会でも非常に快適ですし……、悪路を走ってみたいですね」

初めて乗る新型イヴォークを、慣れた様子で運転する薫堂さん。オンロードでの快適性に感心するとともに、「オフロードも試してみたい」と話していた。

何気なくそう薫堂さんがつぶやいたのは、アルゼンチンの5000m級の山々、真冬のアイスランドの氷雪路と、ランドローバーのドライブアドベンチャーに過去2回、取材で参加したことがあったからだ。

「あのときに、ランドローバーってすごいなって思いましたね。こういうクルマって、都会を走っている分にはそんなに大差ないじゃないですか。でも、オフロードに行ってビックリするような乗り心地や走破性を体験した後では、街で普通に乗っていても、やっぱり安心感が違います」

複数のオフロード用の走行モードを備えた「テレイン・レスポンス2」の操作画面。たとえ都会派のモデルであっても、ランドローバー/レンジローバーの製品は高い悪路走破性を有しているのだ。

新型イヴォークは都会派SUVであるにもかかわらず、ランドローバー/レンジローバーのブランドにふさわしいオフロード性能を備えている。最大渡河水深600mmなんて、本格クロスカントリー車並みの数字なのである。

  • 今回試乗したのは、2020年モデルのみに設定される限定グレードのFIRST EDITION。最高出力249psの2リッターガソリンターボエンジンを搭載した仕様である。

  • 初めて乗る新型イヴォークを、慣れた様子で運転する薫堂さん。オンロードでの快適性に感心するとともに、「オフロードも試してみたい」と話していた。

  • 複数のオフロード用の走行モードを備えた「テレイン・レスポンス2」の操作画面。たとえ都会派のモデルであっても、ランドローバー/レンジローバーの製品は高い悪路走破性を有しているのだ。

レンジローバー イヴォークの
最新情報はこちら

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 5-3

運転には“人となり”が表れる

「あんまりSUVに乗ってるような気がしない。サスペンションがSUVっぽくないというか、普通のクルマに乗っているような感じがしますね。シートポジションも低いんですかね。“クラシック・レンジ”と比べるから低く感じるのか……」

そう語る薫堂さんの運転ぶりは、非常に丁寧なものだ。

格納式のドアハンドルに見入る薫堂さん。新型イヴォークでは“Reductionism(還元主義)”というデザイン理念のもと、スムーズで滑らかなエクステリアデザインを実現すべく、さまざまな工夫が取り入れられている。

「僕はいつも新しいスタッフにはクルマの運転をさせることによって資質を問うんです。クルマの運転は人生そのものなんだと。まず、前方の予測、どの車線を通ると、最もいいところにたどり着くか。後ろへの配慮、気配り、そして横との駆け引き。自分の人生を歩んでいるとき、常にどこに行けばいいかを、すぐ前のクルマじゃなくて、その前の前の状況まで見て、車線はどこにいればいいかとか、自分がブレーキを踏むことによって後ろのひとがどう思うかとか判断する」

ごもっとも。

フルデジタルのメーターをはじめ、インターフェイスはいずれも高解像度で構成。エンジン始動前の車内空間には、シックな内装デザインとも相まって静謐(せいひつ)な雰囲気がただよう。

「やっぱり、できるヤツはクルマの運転もうまい気がしますね。運動神経うんぬんではなく。テクニックがうまいというよりは、まわりに迷惑をかけずに走るとか、どれだけほかのクルマ、他者をおもんぱかりながらハンドルを握ることができるか、わかる気がします」

撮影の際、新型イヴォークを眺めながら、薫堂さんが漏らした感想を書き留める。

最新のプレミアムカーにふさわしく、先進装備も充実。スマートフォンで車両の情報を確認したり空調などを操作したりするリモートコントロール機能にも対応している。

「すっごい取り回しがしやすいですね」
「いい色ですね。なんか小さく見えますね、デザインがしまっているせいか」
「外から見ていると、後ろの席は狭そうに見えますけど、広々していますね」

実は薫堂さん、イヴォークが欲しくてClubpymeをチェックしている知人から、「実車に触れたら、感想を教えてほしい」という連絡が入っていたのだという。当連載にて「Chapter.5 小山薫堂 新型イヴォークを語る COMING SOON」という予告が出ていたからだ。このクルマの注目度も高いということだろう。

薫堂さんが「いい色ですね」と評価した、青味がかった灰色の「ノリータグレー」は、限定グレードであるFIRST EDITIONの専用色だ。

では、薫堂さん。その知人にどんなふうに伝えますか?

  • 格納式のドアハンドルに見入る薫堂さん。新型イヴォークでは“Reductionism(還元主義)”というデザイン理念のもと、スムーズで滑らかなエクステリアデザインを実現すべく、さまざまな工夫が取り入れられている。

  • フルデジタルのメーターをはじめ、インターフェイスはいずれも高解像度で構成。エンジン始動前の車内空間には、シックな内装デザインとも相まって静謐(せいひつ)な雰囲気がただよう。

  • 最新のプレミアムカーにふさわしく、先進装備も充実。スマートフォンで車両の情報を確認したり空調などを操作したりするリモートコントロール機能にも対応している。

  • 薫堂さんが「いい色ですね」と評価した、青味がかった灰色の「ノリータグレー」は、限定グレードであるFIRST EDITIONの専用色だ。

レンジローバー イヴォークの
最新情報はこちら

THE NEW RANGE ROVER EVOQUE

Chapter 5-4

この快適さと安心感を
支えるもの

一般道を走り、首都高速にお台場から入って、レインボーブリッジへつながる上り坂を加速する。ぐおーん、と4気筒ターボが控えめなサウンドを発する。

シーンを選ばず、力強い走りを見せるP250仕様の新型イヴォーク。さらにゆとりある走りを求める向きには、300psのエンジンとマイルドハイブリッド機構を組み合わせたP300 MHEVも用意される。

「……これ、エンジンとかはジャガーと共通なんですよね。都会をこうやってシルキーに走れるのに、オフロードを力強く走れるというのは頼もしい感じもします。いま、僕の運転手をやっているのが挾土秀平(はさど しゅうへい)という左官職人の息子なんですよ。『勉強してこい』っておやじに言われて、うちに勉強に来てるんです。挾土秀平は日本一の左官職人なんですけど、いつも7回とか壁を塗るんです。完成したら表面しか見えないんですけど、彼いわく、『7回塗った壁と1回しか塗ってない壁はたたずまいとか放つオーラが違う。品が変わる』っていうわけです。で、もう20年近い付き合いになるんですけど、確かに彼に塗ってもらった壁でひび割れたものはひとつもなくて、すっごい品があっていいんです。なんか、これ(新型イヴォーク)も同じ感じがするんです。都会を走っていて、乗り心地のいいその奥に、オフロードでの走破性がある。その余裕みたいなもの、表面は同じなんだけど、その裏側にものすごい分厚い層がある、みたいな感じがして、それが安心感とか、乗り心地につながるのかな、と思いました」

試乗車に装着されていた21インチアルミホイールと245/45R21サイズの「グッドイヤー・イーグルF1 AT」。これほどの大径タイヤを履いていながら、乗り心地にはほとんどその影響は感じられなかった。

これが新型イヴォークの総論、スピリットの部分だとすると、もうちょっと具体的な部分については、次のように語った。

新型イヴォークの乗り心地を、左官職人の仕事に例えて説明した薫堂さん。取り回しのしやすさやエンジンの力強さ、どんなシーンにも似合うキャラクターも高評価だった。

「コンパクトで取り回しがすごくしやすい。それと、何にでも使える感じですよね。仕事にも使えますし、当然、週末にも似合います。しかもレンジローバーのブランドで、この価格(461万円から)っていうのは魅力的です。僕の、最初に買った初代レンジと比べると信じられないくらいの快適さだし……」

イヴォークは都会的でスポーティーなキャラクターのコンパクトSUVだが、その乗り味の根底には、やはりレンジローバーならではの趣が感じられた。

以上が、「ずーっとレンジ派だった」という小山薫堂さんの、新型イヴォークに触れての感想である。興味のある方は、ご自身でも確かめてみられてはいかがだろう。

  • シーンを選ばず、力強い走りを見せるP250仕様の新型イヴォーク。さらにゆとりある走りを求める向きには、300psのエンジンとマイルドハイブリッド機構を組み合わせたP300 MHEV も用意される。

  • 試乗車に装着されていた21インチアルミホイールと245/45R21サイズの「グッドイヤー・イーグルF1 AT」。これほどの大径タイヤを履いていながら、乗り心地にはほとんどその影響は感じられなかった。

  • 新型イヴォークの乗り心地を、左官職人の仕事に例えて説明した薫堂さん。取り回しのしやすさやエンジンの力強さ、どんなシーンにも似合うキャラクターも高評価だった。

  • イヴォークは都会的でスポーティーなキャラクターのコンパクトSUVだが、その乗り味の根底には、やはりレンジローバーならではの趣が感じられた。

Chapter List

  • Chapter.1

    2010年7月の衝撃

    リポートを読む

  • Chapter.2

    新時代を切り開くための革新

    リポートを読む

  • Chapter.3

    地の果てまで走りたくなる

    リポートを読む

  • Chapter.4

    イヴォークが見せてくれた風景

    リポートを読む