第3回:インポートカーの魅力を満喫!
輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~

2014.02.26 JAIA輸入車試乗会2014

Dセグメントのプレミアムセダンに豪快なスペシャリティーカー、玄人好みのハイパフォーマンスモデル……。「これぞ輸入車!」という醍醐味(だいごみ)を感じさせる、4台の注目モデルを紹介しよう。

いいとこだらけ
アウディS3スポーツバック……544万円

速くて高い「A3スポーツバック」くらいに思っていた。乗るまでは。要するにA3の豪華版でしょ、と。

で、乗ってみたら感激した。そんなひとことで済ませられるようなクルマじゃなかった。スポーティーでスペシャルなA3だった。
A3の皮をかぶったスーパーマシン。ひとことで言っちゃってますけど。

280psもあるのだから、動力性能は「ランエボ」「インプレッサ」並み。ハンドリングも素晴らしい。腕に覚えがあろうとなかろうと、思った通りに、走る・曲がる・止まる。そのうえ、乗り心地まで絶品なのだ。しっとりすべすべ……じゃないけど、スムーズさが普通のA3とまったく違う。ここは、オプションで選べる連続可変ダンピングシステム「マグネティックライド」の存在が効いてるのでしょう。

ルックスはまぁ地味っちゃ地味だけど、クオリティーはまさに“アウディ”そのもの。「A6」あたりと比べても何ら遜色のない、上質な仕上がりだ。室内は黒一色なのに、アルミがいいアクセントになっていて重々しい感じがしない。
ドアの開閉音から各部の操作ロジックまで、車種を問わず見事に統一されているのにも感心する。

日本でのS3の販売比率はA3シリーズ全体の約5%だとか。限られた人のための通なモデル。

スポーツカーのようにも使え、日常での使い勝手も文句なし。
今のアウディの技術力をプロダクトとして昇華させた、万能の一台といえるんじゃないでしょうか。

(文=Clubpyme 近藤/写真=峰 昌宏)

「アウディS3スポーツバック」
「アウディS3スポーツバック」 拡大
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像 拡大
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像 拡大
 
第3回:インポートカーの魅力を満喫!輸入車チョイ乗りリポート~400万円から650万円編~の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード 2019.2.12 画像・写真 8年ぶりにフルモデルチェンジした、ボルボのミッドサイズセダン「S60」。2019年秋の国内販売開始に先駆けて、最上級モデル「S60 T8ポールスターエンジニアード」(北米仕様車)が東京都内で披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • ボルボV60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.14 試乗記 ガソリンモデルから遅れること数カ月。ボルボの主力モデル「V60」のプラグインハイブリッド車(PHV)がデビューした。ボルボの金看板ともいえるステーションワゴンと電動パワートレインとのマッチングを試す。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
ホームへ戻る