第4回:特濃な魅力にクラクラ!
輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~

2014.03.05 JAIA輸入車試乗会2014

排気量6リッターオーバーの怪物に、硬派極まるミドシップスポーツ……。お値段も3ケタ万円の後半になると、「さすが国産車とは違うね!」というだけではその魅力を語れない、特濃な面々が集うようになる。中でも編集部が注目したのがこちらだ。

癒やし系BMW
BMW 523dツーリング……671万円

皆さんは、先代「BMW 3シリーズ」のCMを覚えているだろうか? カラスが「割ってちょうだい」と路上に落としたクルミを、ドライバーがひょいっとかわして見せるやつ。あのCMのイメージもあって、私はBMWと聞くと、いまだにハンドルを切ったら「スパッ」と反応して「シャーッ」と旋回するクルマを想像してしまう。クルマの進化に、記憶の更新が追い付いていないのである。

だから「523dツーリング」に乗って「おお?」と思ってしまった。このクルマ、ドライバーを刺激したり、驚かせたりするようなことがない。
車内空間は快適そのもの。2リッターのディーゼルターボは「根は優しくて力持ち」で、西湘バイパスの70km/h走行を7速、1400rpmで粛々とこなす。乗り心地についても、接地感のないふわふわした感じではないのに、外からの入力は「タン、ターン」と情報だけ伝えて衝撃は受け流す。対応がオトナ。見習いたい。テスト車はオプションのアクティブサスを装着していたので、それもあるのかも。

ここで「あ、『ドライビング・パフォーマンス・コントロール』(BMWの可変制御システム)がずっと『コンフォート』だった」と気づき、「スポーツ」モードを試してみる。ギアが1段落ち、70km/hでの回転数が1700-1800rpmあたりに上がる。エンジンが最大トルクを発生する回転域の入り口だ。アシも適度に固くなるけど……うーん。なんというか、コンフォートモードの方が、このクルマ本来の姿な気がした。

意外にも癒やし系。こういうBMWも大いにありです。

(文=Clubpyme 堀田/写真=峰 昌宏)

「BMW 523dツーリング」
「BMW 523dツーリング」 拡大
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像 拡大
 
第4回:特濃な魅力にクラクラ!輸入車チョイ乗りリポート~650万円から1000万円編~の画像 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • 白いボディーにストライプが映える 「ロータス・エリーゼ」の限定車発売 2019.7.19 自動車ニュース ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2019年7月19日、「エリーゼ」に特別仕様車「ヘリテージエディション」を設定し、30台の台数限定で注文受け付けを開始した。“ヘリテージ”をコンセプトとして内外装に特別なカラーリングを施した日本限定モデルとなる。
ホームへ戻る