漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場

2017.08.28 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

トヨタ自動車は2017年8月28日、「クラウン アスリート」に特別仕様車“J-FRONTIERリミテッド”を設定し、販売を開始した。

「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。
「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

今回の“J-FRONTIERリミテッド”は、駐車場などでのアクセル踏み間違え時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」を装備したほか、特別な内外装が与えられている。

特別装備の内容は以下の通り。

【全車共通】

  • 外装色:ブラックほか全6色、および「JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE」(全12色)
  • 内装色:アイアンブラック(特別設定色)
  • フロントグリル(フードモール、アッパーモール、ロアモール、カバーモール):漆黒メッキ
  • フロントフォグランプベゼル:ブラック
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール:ブラックレイヤーウッド(本杢目)
  • インストゥルメントパネル/ドアトリム/センターコンソール/シフトノブ:ブラックレイヤーウッド調加飾
  • ウルトラスエード×本革シート表皮
  • アルミペダル(アクセル、ブレーキ)
  • インテリジェントクリアランスソナー

【S“J-FRONTIERリミテッド”、S Four“J-FRONTIERリミテッド”】

  • 王冠エンブレム(フロント)/Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)/リアライセンス、LEDリアコンビネーションガーニッシュ:ダークスモークメッキ
  • LEDリアコンビネーションランプ(エクステンションサイド部):ブラック

【S-T“J-FRONTIERリミテッド”】

  • リアバンパーロアスポイラー:ブラック
  • 前席シートヒーター

価格は以下の通り。

  • S-T“J-FRONTIERリミテッド”:454万6800円
  • S“J-FRONTIERリミテッド”:497万8800円
  • S Four“J-FRONTIERリミテッド”:519万4800円

(Clubpyme)

関連キーワード:
クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • 第140回:決着! 失敗続きのタイヤ選び 2019.8.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第140回は「決着! 失敗続きのタイヤ選び」。愛車の「BMW 320d」に装着したばかりの「ミシュラン・プライマシー3ランフラット」を再交換。同メーカーがうたう“全額返金保証”で本当にカネは戻るのか!?
  • 第142回:タントカスタムで辰巳へGO! 2019.9.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第142回は「タントカスタムで辰巳へGO!」。カーマニアの聖地で、軽トールワゴンはどう見えるのか!? スーパーカーを愛する筆者が抱いた、ある思いとは? 新型「タント」のプチ試乗リポートとともにお送りする。
  • 第141回:アロワナが泳ぐ中古車店 2019.9.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第141回は「アロワナが泳ぐ中古車店」。“エリート特急”こと愛車の「BMW 320d」の車検で訪れた激安中古車店で、巨大なアロワナに遭遇。なぜ中古車店では大型観賞魚が飼われているのか? そのナゾに迫る!
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
ホームへ戻る