クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第4回:その進化に見るボルボ“攻め”の戦略

北欧がアツい! 2017.12.11 徹底検証! ボルボXC60 新世代プラットフォームの採用により、一足飛びの進化を遂げた「ボルボXC60」。黄金比すら感じさせるスタイリングや、上質なインテリア、先進の運転支援システムの出来栄えなどに、勢いに乗る北欧の自動車メーカーの“今”を感じた。

その革新はほとんど“脱皮”のレベル

いやもうノリノリですなぁボルボ! フロアで踊るどころか、テーブルの上に飛び乗って腰を振り出しちゃいそうなくらい(笑)。その勢いは、今年出た新型ミディアムSUVのXC60にも如実ににじみ出ております。

ご存じボルボは、去年日本に上陸したXC90から全ラインナップ刷新中。っていうか、ほとんど“脱皮”レベルですよ。イチ商品どころか全体のブランドイメージ、チャレンジ精神までひとクラス上に移行中なので。

それはまず王道のスタイルから感じられ、単純に伸びやかで美しい! 小沢は去年上陸したフラッグシップSUV、XC90の時から言っているけど、今のボルボはすっかり北欧プレミアムどころかロイヤルファミリームードを醸し出していて、個人的には北欧ロールス・ロイスというか北欧レンジローバー的。

今までのような小手先に頼ったデザインになってなくて、根本的なプロポーションから王道の美しさを表現している。それはXC90、XC60ともに使っている新世代プラットフォーム「SPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャー)」だからなし得たことで、フロントノーズの長さ、ボディー全体の塊感、前後タイヤの位置がほぼ完璧。まさしくロールス・ロイス同然の黄金比的なバランスすら感じさせ、だからこそディテールで目立たせる必要がないわけだ。

そして黄金比のクルマだから、XC90とXC60って小沢の中ではロングホールベース版とショートホイールベース版ぐらいの違いなのだ。確かに60の方がドアサイド下をえぐったり、多少ポップなイメージが追加されたりしているけど、走り、質感、漂う上質ムードに差はなく、単純に日本ではXC60の方が扱いやすくていいと思っております。3列目シートが要らない人には。

陽光の映り込みが美しい「パイングレーメタリック」のボディー。最新のボルボ車の特徴である、T字型に光るヘッドランプの意匠も目を引く。
陽光の映り込みが美しい「パイングレーメタリック」のボディー。最新のボルボ車の特徴である、T字型に光るヘッドランプの意匠も目を引く。拡大
新型「XC60」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm。従来モデルより全長と全幅を拡大しつつ、全高を抑えたことで、伸びやかかつロー&ワイドなプロポーションを実現している。
新型「XC60」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm。従来モデルより全長と全幅を拡大しつつ、全高を抑えたことで、伸びやかかつロー&ワイドなプロポーションを実現している。拡大
グレードに応じて多彩な仕様が用意されたインテリア。北欧の家具に着想を得たという、本物のウッドを用いた装飾パネルが用いられている。
グレードに応じて多彩な仕様が用意されたインテリア。北欧の家具に着想を得たという、本物のウッドを用いた装飾パネルが用いられている。拡大
「XC90」「V90」「S90」に続く、ボルボの新世代製品群の第4弾として登場した新型「XC60」。2017年3月のジュネーブショーでデビューした、ボルボの最新モデルである。
「XC90」「V90」「S90」に続く、ボルボの新世代製品群の第4弾として登場した新型「XC60」。2017年3月のジュネーブショーでデビューした、ボルボの最新モデルである。拡大

ライバルに比肩する北欧プレミアムテイスト

インテリアは完全に北欧プレミアムの新基準を確立していて、タッチのいい本革シートやアルミ素材、流木をイメージしたナチュラルテイストなウッドパネルなどが非常に上質で押しつけがましくない。全体デザインも優雅でオーガニック。

この点じゃ、質感は高いけど少々ビジネスライク過ぎるドイツ勢に対して完全に勝ってると思うほど。仕事で使うならともかく、日常的には今のボルボの方が間違いなくくつろげるはず。

走りのほうも、新プラットフォームはもちろん「4気筒までしか作らない」と割り切ったパワートレインの出来がいい。厳密に見れば、乗り心地のしなやかさやエンジンの滑らかさは若干ドイツ車レベルに届いてないけど、それを補ってあまりある剛性感と、しっとりした風合いが味わえます。

さらに驚いたのは、そのセミ自動運転制御のアグレッシブさ! ご存じ今はメルセデス、BMW、アウディなどドイツプレミアムをはじめ、インフィニティ、レクサス、北米テスラなどが先陣争いをしている。中でも制御がアグレッシブなので有名なのは、チャレンジャーたるプレミアムEVブランドのテスラだろう。伸び盛りで捨てるモノがないブランドだけに相当攻めまくっていて、「完全自動運転対応のハードウエアを搭載した!」と言い切る最新版の「モデルS」などは、高速はもちろん街中でもビックリするほど自動でステアリングを切ってくれたりする。それと比べれば、メルセデスやBMWなど、よそのメーカーも頑張ってはいるけど、やはり制御は結構慎重だ。

ところがどっこい、先日XC60に乗って発見したのは、もしや今のボルボはテスラの次くらいに自動運転に積極的かも? という事実だった。

上級グレード「インスクリプション」に用いられる装飾パネルは、流木をモチーフにしたという風合いが特徴。助手席側のモールディングには、スウェーデン国旗を模したとおぼしき、小さな十字架がデザインされている。
上級グレード「インスクリプション」に用いられる装飾パネルは、流木をモチーフにしたという風合いが特徴。助手席側のモールディングには、スウェーデン国旗を模したとおぼしき、小さな十字架がデザインされている。拡大
上質なナッパレザーのシート。電動のポジション調整機構やシートヒーターはもちろん、ベンチレーション機能やマッサージ機能も装備されている。
上質なナッパレザーのシート。電動のポジション調整機構やシートヒーターはもちろん、ベンチレーション機能やマッサージ機能も装備されている。拡大
各分野でアグレッシブな挑戦を表明しているボルボ。パワープラントについては4気筒以外のエンジンの廃止に加え、内燃機関のみを搭載したモデルの将来的な廃止も表明している。
各分野でアグレッシブな挑戦を表明しているボルボ。パワープラントについては4気筒以外のエンジンの廃止に加え、内燃機関のみを搭載したモデルの将来的な廃止も表明している。拡大
充実したADAS(先進運転支援支援システム)も新型「XC60」の魅力。“レベル2”の自動運転を実現した「パイロットアシスト」などに加え、新たに2つの操舵制御機能付き衝突回避支援システムが搭載された。
充実したADAS(先進運転支援支援システム)も新型「XC60」の魅力。“レベル2”の自動運転を実現した「パイロットアシスト」などに加え、新たに2つの操舵制御機能付き衝突回避支援システムが搭載された。拡大

攻めの戦略はまだまだ続く

例えば、“ボルボ流同一車線セミ自動運転”たる「パイロットアシスト」だけど、XC90よりさらに進化を遂げていて、明らかに上いってます。だって街中の低速コーナーでもグイグイ自動でステアリングが切れ、その積極度はXC90より上だったからして。

首都高でもなかなかのもので、しばらく先にタイトなターンが待っている緩く長めのコーナーでも「もしや20~30m先までカメラで見て予測してる?」と思えるほどの高等制御を行っている。今までだったら、けっこう突っ込んじゃっていたような場所で、その先のRの変化に備えて見事にスピードを抑えています。その賢さは完全にXC90より上だし、ヘタするとドイツ勢より上で、やはりテスラの次ぐらいにアグレッシブなのだ。

小沢はハッキリと確信しました。今のボルボは完璧に“攻め”に転じていると。共有化を大胆に推し進めているプラットフォーム戦略やエンジン戦略のみならず、セミ自動運転やEV戦略や、さらに言うとシェアリング時代を見越したサブスクリプションサービス、つまり個人リースにも似た販売戦略を採るところや、エヌビディアやオートリブ、はたまたUBERとのジョイントベンチャーなどなど。

おそらく、今後ボルボはどこよりも積極的に新ジャンル、新コンセプト、新テクノロジーを導入してくるだろう。新パトロンたる中国ジーリーホールディングスの懐が深く、その手のEV戦略や自動運転戦略、若者囲い込みビジネスに積極的で、なおかつ豊富な資金提供を保証しているからだ。だからこそチャレンジができるし、さらに言うとその戦略は今アタっていて、ボルボはどんどん販売台数を伸ばしている。

まあ、冒頭で言ったように、単純に今のボルボは波に乗ってるし、勢いに乗ってるわけですよ。それがXC60にも感じられるってわけ。ついでに言うと来年上陸するかもしれない「XC40」でも、結構思い切った制御やビジネスプランを導入してくるのかもしれません。

とにかく、いろんな意味で注目なんですよ今のボルボは! それは小沢が保証しますから(笑)。

(文=小沢コージ/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

→徹底検証! ボルボXC60【特集】

 

 

 

「パイロットアシスト」の操作はシンプルで、基本的には、アダプティブクルーズコントロールの作動中にワンボタンでシステムを起動させるだけで完了する。
「パイロットアシスト」の操作はシンプルで、基本的には、アダプティブクルーズコントロールの作動中にワンボタンでシステムを起動させるだけで完了する。拡大
横浜市街にて、新型「XC60」の出来栄えを試す著者。
横浜市街にて、新型「XC60」の出来栄えを試す著者。拡大
インターフェイスの大きな進化も、新世代ボルボの特徴。インフォテインメントシステムをつかさどる縦型のタッチスクリーンや、メーター代わりのデジタル液晶ドライバーディスプレイに加え、「T5 AWDインスクリプション」にはヘッドアップディスプレイも標準装備される。
インターフェイスの大きな進化も、新世代ボルボの特徴。インフォテインメントシステムをつかさどる縦型のタッチスクリーンや、メーター代わりのデジタル液晶ドライバーディスプレイに加え、「T5 AWDインスクリプション」にはヘッドアップディスプレイも標準装備される。拡大
シートに施されたスウェーデンの国旗をモチーフにしたタグ。大胆な改革を推し進めつつも、ボルボは北欧の自動車メーカーならではの特色を保ち続けている。
シートに施されたスウェーデンの国旗をモチーフにしたタグ。大胆な改革を推し進めつつも、ボルボは北欧の自動車メーカーならではの特色を保ち続けている。拡大
プロダクトの進化はもちろん、新しいサービスや他業種とのコラボレーションなど、さまざまな挑戦に取り組んでいるボルボ。その動向からは、しばらく目が離せない。
プロダクトの進化はもちろん、新しいサービスや他業種とのコラボレーションなど、さまざまな挑戦に取り組んでいるボルボ。その動向からは、しばらく目が離せない。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC60 の中古車
関連キーワード
XC60ボルボ
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
Нашел в интернете полезный блог про направление Тренабол Ацетат https://steroid.in.ua
платья для девочек

тестостерон ципионат купить

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。