ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売

2018.01.17 自動車ニュース
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。ジャガー・ランドローバー・ジャパンによれば、日本市場への輸入および販売の予定はない。

 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大

2016年1月に生産終了したランドローバー・ディフェンダーが限定車としてよみがえる。今回発表されたディフェンダー ワークスV8には405psと515Nmを生み出す5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンが搭載されており、0-60mph(約97km/h)加速を5.6秒でこなす。最高速は106mph(約171km/h。リミッター作動)。

トランスミッションはスポーツモードを備えたZF製の8段ATで、ブレーキは強化されており、ハンドリングキット(スプリング、ダンパー、アンチロールバー)が組み込まれている。タイヤサイズは265/65R18。オールテレインタイヤが装着されている。

ホイールベースは、モデル名で「90」と呼ばれるショートタイプと、「110」と呼ばれるロングタイプが用意される。また今後、ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジン搭載車を加える予定もあるという。

(Clubpyme)

◆「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク ファーストエディションP250【試乗記】 2019.8.7 試乗記 2代目に進化したランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。そのスタイルはキープコンセプトだが、中身は新型プラットフォームの採用により刷新されているという。導入記念モデル「ファーストエディションP250」を軽井沢に連れ出し、実力を確かめてみた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2019.8.2 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」のハイパフォーマンスバージョンとして登場した「NISMO S」。ベースモデルの109psに対し、136psに出力を向上させた電動パワーユニットと専用開発されたドライビングモードがもたらす走りを確かめるために、富士山麓のワインディングロードを目指した。
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.31 試乗記 ポルシェファミリーの中で、いま最も売れている「マカン」。モデルライフ半ばのマイナーチェンジで持ち前の商品力はどのように高まったのか? ベーシックな2リッター直4モデルに試乗し、その完成度を確かめた。
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
ホームへ戻る