「ホンダ・フィット」に快適装備を充実させた特別仕様車

2018.05.17 自動車ニュース
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。
「ホンダ・フィット ハイブリッドFコンフォートエディション」。写真のボディーカラーは特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」。拡大

本田技研工業は2018年5月17日、コンパクトハッチバック「フィット」に特別仕様車「コンフォートエディション」を設定し、同年5月18日に発売すると発表した。

こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。
こちらのボディーカラーは「モーニングミストブルーメタリック」。拡大
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。
「プレミアムアイボリーパール」(写真)も特別仕様車専用色としてラインナップされる。拡大
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。
オプションの「プレミアムブラウンインテリア」に含まれる本革巻きステアリングホイール。拡大

今回のコンフォートエディションは、ハイブリッド車の「ハイブリッドF」とガソリン車の「13G・F」がベース。紫外線を約99%カットし赤外線を軽減するガラスをすべての窓に採用した「360度スーパーUV・IRカットパッケージ」と、運転席&助手席シートヒーターが標準装備されている。「13G・Fコンフォートエディション」には、DC12Vのアクセサリーソケットが備わるアームレスト付きセンターコンソールボックスも与えられる(ハイブリッドFには標準装備)。

ボディーカラーは、特別仕様車専用色の「ブリティッシュグリーンパール」「モーニングミストメタリック」「プレミアムアイボリーパール」を含む全9色。これまで上位グレードのみで選択可能だったインテリアパッケージ「プレミアムブラウンインテリア」もオプション設定される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ハイブリッドFコンフォートエディション:184万7880円(FF車)/204万2280円(4WD車)
  • 13G Fコンフォートエディション:146万1240円(FF車)/165万5640円(4WD車)

(Clubpyme)

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT)【試乗記】 2017.9.27 試乗記 モデルライフ半ばのテコ入れが実施された、「ホンダ・フィット ハイブリッド」に試乗。目玉となる運転支援システムの使い勝手や実際に計測した燃費データも含め、売れ筋コンパクトカーの実力を報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドL Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 デビューから4年を控え、大幅な改良が施された「ホンダ・フィット」。充実した装備が特徴の「ハイブリッドL Honda SENSING」と、同車にオプション設定される「プレミアムブラウン・インテリア」の詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 ホンダのコンパクトモデル「フィット」がマイナーチェンジ。大幅なデザイン変更が施された改良モデルのなかから、スポーティーな意匠を特徴とするハイブリッドの上級グレード「ハイブリッドS Honda SENSING」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る