第99回:同業者最速(!?)ジムニー試乗

2018.07.17 カーマニア人間国宝への道

カッコイイぞ! ジムニー

新型「ジムニー」はチビ「Gクラス」でオッケー! という原稿を先日書きましたが、アレを執筆した時点では、まだ実車を見ておりませんでした。

で、新型ジムニーが正式発表になったのは7月5日。

ところが私は、その前日に実車を見ることができてしまった! 「クラウン」と「カローラ スポーツ」の試乗会の帰路、首都高湾岸線を走っていたところ、偶然、ジムニーと「ジムニーシエラ」を載せたカーキャリアに遭遇したのです!

「あれ、新型ジムニーじゃないですか?」と、最初に気づいたのは、カメラマンの池之平昌信氏でした。さすがカメラマンは目が命。

よく見りゃそこには確かに、猛烈に四角いクルマが。おお、あれはまさに新型ジムニーとジムニーシエラ! まさしくチビGクラス!

「カッコイイ~~~!」

「カッコいいね!」

「これはいいですね~」

車内の一同、感嘆の声を上げました。

偶然、正式発表前日に見られたという一期一会感もあり、初めて見るジムニーは、チビGクラスというより濃縮Gクラスで、確かにメチャメチャカッコよく見えた。

明日の発表会には行けないけど、クルマは自然光の下で見てナンボ。今度の週末には、近所のディーラーに行ってみよう。そう心に決めました。

発表会会場での新型「ジムニー」。
発表会会場での新型「ジムニー」。拡大
発表会会場での新型「ジムニーシエラ」。
発表会会場での新型「ジムニーシエラ」。拡大
首都高で「ジムニー」と「ジムニーシエラ」を載せたカーキャリアに遭遇!(写真=池之平昌信)
首都高で「ジムニー」と「ジムニーシエラ」を載せたカーキャリアに遭遇!(写真=池之平昌信)拡大
池之平昌信カメラマン。現在は「ランエボVI」を所有。
池之平昌信カメラマン。現在は「ランエボVI」を所有。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • スズキ・ジムニー/メルセデス・ベンツGクラス(後編)【試乗記】 2019.7.18 試乗記 誕生以来、オフロード第一の姿勢を守り続ける「スズキ・ジムニー」と「メルセデス・ベンツGクラス」。より快適なクルマが存在する今日においても、ファンに厚く支持される両モデルの試乗を通し、今も昔も変わらない“愛され続けるクルマ”の条件について考えた。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る