第567回:メイド・イン・イタリーのフィアットが消滅?
ブランドの“国籍”について考える

2018.08.17 マッキナ あらモーダ!

プントが生産終了、パンダはポーランドに?

今回は生産国と、それが与えるイメージの話である。

2018年7月、3代目「フィアット・プント」の生産がフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のイタリア南部のメルフィ工場で終了した。2005年に「グランデプント」として誕生してから13年という長寿モデルであった。

プント生産終了には、もうひとつの意味がある。「イタリア製フィアット終焉(しゅうえん)の序曲」ということだ。

2018年5月に『ブルームバーグ』が伝えたところによると、FCAは次期「フィアット・パンダ」の生産拠点を、先代パンダや現行「500」同様にポーランドのティヒ工場に移転することを考えているという。

参考までに、ヨーロッパで販売されているフィアットブランド乗用車の生産拠点は以下のとおりである。

【イタリア国内】

  • ポミリアーノ・ダルコ:パンダ
  • メルフィ:500X

【国外】

  • ポーランド:500
  • トルコ:ティーポ、クーボ、ドブロ
  • セルビア:500L
  • 日本(マツダ工場):124スパイダー

もし実行されると、クロスオーバーの「500X」を除くすべてのフィアットブランド車がイタリア国外の拠点で生産されることになる。

先日、セルジオ・マルキオンネ前CEO死去に関する記事にも記したが、すでに2014年、FCAは法人登記をオランダに、税務上の登記をイギリスに移している。

2019年、フィアットは創業120年を迎える。FIATはFabbrica Italiana Automobili Torino(トリノ・イタリア自動車製造会社)の略だ。生産拠点移管の話を伝えるとき、「母国に相次いでアッディーオ(さらば)するFCA」といった論説を展開する新聞が今から目に浮かぶ。何しろ、創業の地トリノでは、すでにフィアット製乗用車は生産されていないのだから。

2018年7月に生産終了した「フィアット・プント」。
2018年7月に生産終了した「フィアット・プント」。拡大
FCAのメルフィ工場。
FCAのメルフィ工場。拡大
FCAのメルフィ工場をバックに。「プント」が去った後も生産が継続される「フィアット500X」と「ジープ・レネゲード」。
FCAのメルフィ工場をバックに。「プント」が去った後も生産が継続される「フィアット500X」と「ジープ・レネゲード」。拡大
「フィアット500」。2018年夏にリリースされた「スピアッジーナ」と名付けられた仕様。
「フィアット500」。2018年夏にリリースされた「スピアッジーナ」と名付けられた仕様。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事