第572回:ブランド初のSUV「カリナン」を最後に電撃移籍!
ロールス・ロイスのデザイントップが中国の紅旗に

2018.09.21 マッキナ あらモーダ!

西の王者から東の王者へ

中国第一汽車集団(FAW)といえば、中国屈指の自動車メーカーであり、トヨタ、マツダそしてフォルクスワーゲンとの合弁でも知られている。

そのFAWが2018年9月11日、世界のカーデザインウオッチャーにとって驚くべきニュースを発表した。

ロールス・ロイス(RR)のデザインダイレクターであったジャイルズ・テイラー氏を、グローバルデザイン副社長兼チーフクリエイティブオフィサー(CCO)として抜てきしたのだ。

テイラー氏は1992年に英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業。同年にPSAプジョー・シトロエンにエクステリアデザイナーとして入社し、シトロエンの「クサラ」と「C3」のプロジェクトに携わった。

その後に移ったジャガーでは、現行「XJ」や「XK」を手がけた。

2011年には14年間勤務したジャガーを去ってRRに移籍。エクステリアデザイン統括となる。2012年からはデザインダイレクターに就任し、「ドーン」「ファントムVIII」のデザイン開発を主導した。最新作は2018年の「カリナン」であったが、去る6月に突如退職した。

テイラー氏の新たな活動拠点は、FAWがミュンヘンに新設するデザインセンターだ。そこでは、FAWの統一デザインストラテジーに携わるとともに、FAWの最高級車ブランドである紅旗のデザインを担当するという。

中国メーカーによる欧州のトップデザイナー採用例は、元アウディのヴォルフガング・エッガー氏を引き抜いたBYDなど、数々の前例がある。しかしテイラー氏の場合、洋の東西を代表する歴史的プレステージカーブランドを渡り歩くことになった。

2018年5月25日、イタリア・コモのコンコルソ・ヴィラ・デステ前夜祭で。「ロールス・ロイス・カリナン」とジャイルズ・テイラー氏。この1週間後に彼はロールス・ロイスを後にした。
2018年5月25日、イタリア・コモのコンコルソ・ヴィラ・デステ前夜祭で。「ロールス・ロイス・カリナン」とジャイルズ・テイラー氏。この1週間後に彼はロールス・ロイスを後にした。拡大
テイラー氏のグローバルデザイン副社長兼チーフクリエイティブオフィサー就任を伝える中国第一汽車(FAW)のウェブサイト。2018年9月11日。
テイラー氏のグローバルデザイン副社長兼チーフクリエイティブオフィサー就任を伝える中国第一汽車(FAW)のウェブサイト。2018年9月11日。拡大
「カリナン」公開の場となったヴィラ・デステで。テイラー氏はパッセンジャーシートに乗って現れた。
「カリナン」公開の場となったヴィラ・デステで。テイラー氏はパッセンジャーシートに乗って現れた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 麗しのタクシードライバー ロールス・ロイス・カリナンに触れる 2018.11.15 ロールス・ロイス・カリナンが魅せる新世界<PR> ラグジュアリーカーの正規販売を手がけるコーンズが、「カリナン」をはじめとしたロールス・ロイス車の一般向け試乗会を開催。イベントを取材したタレント&タクシードライバーの生田佳那さんは、このブランドに何を感じたのか? 英国の老舗の“今”をリポートする。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.20 試乗記 3代目に生まれ変わった「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に試乗。ブランド創立からの起伏に富んだ100年を乗り越えた、ベントレーの高度なエンジニアリングの神髄に触れた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る