第112回:国内市場の特殊化が止まらない

2018.11.20 カーマニア人間国宝への道

グローバル人気車種はデカすぎる!

国内市場の特殊化が止まらない。まったくどうにも止まらない。

米「フォーブス」誌によると、昨年(2017年)のモデル別世界販売台数ランキングは、このようなものだったそうです。

1位 トヨタ・カローラ 116万0495台
2位 ホンダ・シビック 83万3017台
3位 フォルクスワーゲン・ゴルフ 78万8044台
4位 トヨタRAV4 78万6580台
5位 ホンダCR-V 75万3359台
6位 フォードFシリーズ 73万0596台
7位 フォード・フォーカス 65万6071台
8位 フォード・エスケープ 63万2529台
9位 フォルクスワーゲン・ポロ 61万4827台
10位 トヨタ・カムリ 56万9760台

1位の「カローラ」に関しては、国内向けの「アクシオ」と「フィールダー」は国内専用に「ヴィッツ」ベースで作られたものなので、あんまり実感が湧かないが、2位の「シビック」は、国内では「あまりにもデカすぎる」と言われているアレだ。アレが世界第2位ですよ! 海外向けのカローラも、全幅1800mmに近いのでだいだい同じ。それが世界(=日本を除く全世界の意)の現実なのですね!

4位と5位の国産SUVは、国内では台数が見込めないので販売されていなかったモデルだ。今年ようやく「CR-V」の国内販売が再開され、「RAV4」の復活もうわさされているが、どっちもデカすぎて数は見込めない。10位の「カムリ」も、国内ではややレアものに近い。グローバルで売れる日本車は、国内ではあんまり売れない。いや、「全然売れない」と言っても過言ではない。だからって我々が困ることは特にないが、かなりがくぜんとする事実だ。

トヨタ・カローラ(北米仕様)
トヨタ・カローラ(北米仕様)拡大
ホンダ・シビック(左)/シビック タイプR(右)
ホンダ・シビック(左)/シビック タイプR(右)拡大
フォルクスワーゲン・ゴルフ
フォルクスワーゲン・ゴルフ拡大
ホンダCR-V
ホンダCR-V拡大
フォードF-150
フォードF-150拡大
トヨタ・カムリ
トヨタ・カムリ拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダが「フリード」をマイナーチェンジ SUVスタイルの新グレード「クロスター」登場 2019.8.30 自動車ニュース ホンダが2019年10月18日にマイナーチェンジされるコンパクトミニバン「フリード」の情報を先行公開。外装デザインの変更や運転支援システム「ホンダセンシング」の全車採用に加え、SUVスタイルの新グレード「クロスター」の追加もアナウンスされている。
  • 「日産セレナ」のマイナーチェンジに合わせ「AUTECH」も改良 専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用 2019.8.2 自動車ニュース 日産の関連会社であるオーテックジャパンは2019年8月1日、ミニバン「セレナ」のマイナーチェンジに合わせ、カスタムカー「AUTECH」シリーズの最新モデルを発表した。発売は今秋を予定している。
ホームへ戻る