クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)

もうホットハッチと呼びたい 2019.01.09 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。

1年半たってあらためて見ると

思い出してみれば、2016年3月にジュネーブモーターショーで発表された後、日本でのデビューが2017年6月だったから、実に1年半ぶりにステアリングを握ることになる。しかもその間に車名も変わった。アウディのSUVラインナップで最もコンパクトなモデルとなるQ2である。

試乗車は最高出力150psという実力の1.4リッター直4エンジン搭載モデル。これまでは「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」と呼ばれていたが、今後は「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」となるらしい。車名における排気量表記をやめ、出力を示す二桁の数字でグレードを示すのだという。

「35」は最高出力147psから161psまでのエンジンに使用される数字で、よってこのクルマはQ2 35 TFSIになるわけだ。35になんらかの意味がない点は気になるが、これはQ2に限ったことではなく、アウディの全モデルシリーズにおける新ルールである。35という数字を見て、150ps前後の最高出力だと思い出せたら、それはなかなかのアウディ通ということだろう。記憶力が年々怪しくなってきている自分には、到底その自信などはないが。

そうした名称ルールの変更もニュースであるいっぽうで、1年半前よりもクルマの完成度が上がった印象を持ったことも報告したい。Q2は、コンパクトで軽量なボディーを生かしたキビキビした走りがセリングポイントだが、小さくて安い、もっと失礼な言い方をすればデビュー時のそれは、“変わったデザインのチープなアウディ”という印象だった。質感もまたしかり。ルックスはこれまでのラインとは違ったユーザー層にアピールすべく、デザイン的チャレンジを行ったことは理解しても、インテリアをはじめとする全体の質感がそれに追いついていない。アウディという高級ブランドを名乗るにしてはどうかと思った……という記憶がある。

「アウディQ2」は、「A1」のSUVモデルや「Q3」のコンパクト版といった単純なモデルではない。既存のヒエラルキーとは無関係な独自の存在だと、アウディは成り立ちを説明する。
「アウディQ2」は、「A1」のSUVモデルや「Q3」のコンパクト版といった単純なモデルではない。既存のヒエラルキーとは無関係な独自の存在だと、アウディは成り立ちを説明する。拡大
アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルは、他のラインナップと異なり、よく見ると八角形になっている。位置もかなり高めに設置されている。
アウディのアイデンティティーであるシングルフレームグリルは、他のラインナップと異なり、よく見ると八角形になっている。位置もかなり高めに設置されている。拡大
リアゲートはかなり複雑な形状で、立体的なテールライトのデザインと相まって独特な印象をもたらす。アウディが「ブレード」と呼ぶCピラーは、「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」の場合、アイスシルバーメタリック(写真)が標準色となる。
リアゲートはかなり複雑な形状で、立体的なテールライトのデザインと相まって独特な印象をもたらす。アウディが「ブレード」と呼ぶCピラーは、「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」の場合、アイスシルバーメタリック(写真)が標準色となる。拡大

試乗車は、「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」から本国で採用されているネーミングルールに合わせ、「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」へと名称変更を受けている。


	試乗車は、「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」から本国で採用されているネーミングルールに合わせ、「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」へと名称変更を受けている。
	拡大

既存ラインナップと一線を画すデザイン

目下、このクラスはSUVの中でも激戦区である。Q2はCセグメントと呼ぶには小さいものの、次の愛車候補としてオーナー気分で価格とボディーサイズを総合してみると、比較してみたくなるモデルが実に多いのだ。国産勢では「トヨタC-HR」や「ホンダ・ヴェゼル」のほか、「マツダCX-3」や「三菱エクリプス クロス」、最近登場した「レクサスUX」もライバルと言えそうだ。

輸入車勢は、「BMW X2」や「ボルボXC40」に加え、「メルセデス・ベンツGLA」や「フォルクスワーゲン・ティグアン」も価格面からのライバルになろう。特にX2は、コンセプトもターゲットもガチの勝負を繰り広げそうだ。「いやいや、X2のほうが排気量もボディーサイズも大きいだろう」という指摘はごもっともだが、ダウンサイジングという言葉と概念が浸透した今、排気量やサイズだけでクルマは単純に比較できない。

そうしたライバルたちに比べ一回り小さなボディーサイズは、クルマがどんどん大きくなっている昨今、反対にQ2のアドバンテージだと言えるかもしれない。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4205×1795×1500mmと、コンパクトゆえに機動性が高く、立体駐車場もためらいなく使用できる。フォルクスワーゲンの「ゴルフ」あたりのサイズ感を考えているのなら、Q2に目が行く場合もありそうだ。事実、リアシートをさほど重要視しない層というのも確実にいて(自身もかつてはそのひとりだった)、4ドアでありさえすれば多少リアシートが狭くても愛車候補になり得るのだ。

ポイントは、アウディの他モデルと一線を画すこの凸凹したエクステリアデザインを承服できるかどうかだ。Q2のデザイナーは“まだ角の取れていない上流の石”を意識したというが、複雑な面構成を、アウディらしくないと思われる可能性は否定できない。

「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4205×1795×1500mm、ホイールベースは2595mmとなる。
「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4205×1795×1500mm、ホイールベースは2595mmとなる。拡大
ダッシュボードデザインは、「A1」譲り。シルバーのパネルやカラーリングを用いてスポーティーな印象を構築している。試乗車はオプションのナビゲーションパッケージを装着していた。
ダッシュボードデザインは、「A1」譲り。シルバーのパネルやカラーリングを用いてスポーティーな印象を構築している。試乗車はオプションのナビゲーションパッケージを装着していた。拡大
シートは手動調整式となるスポーツタイプ。パーシャルレザーシートと呼ばれるレザー表皮(写真)はオプションとなる。
シートは手動調整式となるスポーツタイプ。パーシャルレザーシートと呼ばれるレザー表皮(写真)はオプションとなる。拡大
ボディーサイズとホイールベースを考えれば、後席の広さは妥当といえる。ただ、プレミアムブランドであることを考えれば、後席用のエアコンの吹出口は装備してほしかったアイテム。
ボディーサイズとホイールベースを考えれば、後席の広さは妥当といえる。ただ、プレミアムブランドであることを考えれば、後席用のエアコンの吹出口は装備してほしかったアイテム。拡大

記憶を上書きするに十分な質感

アウディらしからぬチャレンジングなデザインと導入初期モデルの質感にネガなコメントを漏らしつつも、久しぶりに乗ったQ2は、しかし記憶の中にあるそれらを上書きするに十分なポテンシャルを持っていた。決して『Clubpyme』でもおなじみのイタリア在住である大矢アキオさんに、「欧州ではQ2の人気が高い」と聞いて、言いくるめられたからでもイタリアにコンプレックスがあるからでもない。

ルックスが良好な印象に転じた理由のひとつには、時間の経過もあるだろう。多少見慣れたせいか、アウディファミリーにあって個性的なエクステリアデザインも、今となっては違和感を覚えるほどではない。それは例えるなら、AKBと乃木坂はギリ理解できても、欅坂ってなんだよ、と言っていた自分がはるか遠い昔のことのように感じるのに少し似ている。最近ではすっかり、不機嫌な表情で踊る彼女たちのロックというかパンクな感じ(違うか?)もアリだと思っている。

ハナシを冒頭に戻せば、完成度は確実に上がったと感じる。ドアの開閉音しかり、ステアリングやシフトレバーといった操作系のタッチもそうだ。宗旨替えも甚だしいのは承知の上だが、正直に言えば「こんなにシッカリしていたっけ?」とさえ思う。

ただし、完璧ではない。ドアまわりにアウディらしからぬ固いプラスチックパーツが使われたりしているのはそのままだ。オプションとなるBang & Olufsenのブランドネームがドアスピーカーのカバーについているが、そこの部分だけは、「ラジカセかよっ」と突っ込みを入れたくなるほど残念だ。Bang & Olufsenがよく了承したな、と余計なことを思うほどである。

最低地上高は180mmを確保しているが、「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」では、まるでホットハッチのようなハンドリングを味わうことができる。
最低地上高は180mmを確保しているが、「35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ」では、まるでホットハッチのようなハンドリングを味わうことができる。拡大
1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボエンジンは、燃費を向上させる気筒休止システムを搭載。最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する。トランスミッションは、アウディが「Sトロニック」と呼ぶデュアルクラッチ式の7段ATを組み合わせる。
1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボエンジンは、燃費を向上させる気筒休止システムを搭載。最高出力150ps、最大トルク250Nmを発生する。トランスミッションは、アウディが「Sトロニック」と呼ぶデュアルクラッチ式の7段ATを組み合わせる。拡大
荷室の容量は、5人乗車の通常時で405リッターとなる。後席のシートバックを倒すと容量は最大1050リッターまで拡大できる。
荷室の容量は、5人乗車の通常時で405リッターとなる。後席のシートバックを倒すと容量は最大1050リッターまで拡大できる。拡大
Bang & Olufsenのサウンドシステムはオプションとなるアイテム。価格は12万円という設定。
Bang & Olufsenのサウンドシステムはオプションとなるアイテム。価格は12万円という設定。拡大

価格が購入者を選ぶ

質感向上は再発見だったが、キラリと光る走り味を持っているのも同時に思い出した。1.4リッター直4ターボエンジンは、言ってしまえばたかだか150psの最高出力である。しかし、ターボエンジンなのに上まできっちり使って味わえる加速フィールや、アクセルレスポンスの良さは健在。フォルクスワーゲングループで使用されるこの1.4リッター系のエンジンは、ひとりで勝手に名機だとそう信じている。

その存在同様忘れがちな、低負荷時に4気筒のうち2気筒分を休止させ、燃費向上を図るという車名にもある「シリンダーオンデマンド」は、相変わらずいつ作動しているのかを気取られない黒子的なハイテクである。一定速度を保ち、恐らくは2気筒で走行中であろうという瞬間にアクセルを踏んでも、キックダウンから加速という一連の動きを違和感なくやってのける。

Qシリーズゆえに“ホットハッチ”という紹介こそはばかられるが、180mmという最低地上高をネガにしない走りは、フツーに走りも楽しみたいから、より重心の低そうなSUV以外のハッチバックモデルにしたほうがベター、という思い込みや常識を払拭(ふっしょく)するものだ。軽快でいながらしっかりとしたハンドリングは、なかなか熱いのである。

フロントノーズが軽く、ステアリング操作に対してスッと頭が入っていく感じは、MQBプラットフォーム採用モデルからも感じ取れる美点だが、それらの中でもショートホイールベース傾向にあるQ2は(実は「ポロ」のほうがさらに45mm短いとはいえ)、特に魅力的なハンドリングを持っている。

日本導入時に比べ質感が上がり、個性的なデザインも理解でき、ハンドリングも申し分ないとくれば、コンパクトなSUVを考えている人におススメしたい……ところだが、405万円という価格(試乗車はオプション込みで495万円だ)は、いかにプレミアムブランドとはいえやはり購入者を選ぶ。したがってもしも街でQ2 35を見かけたら、オーナーを羨望(せんぼう)し、さまざまな理由で尊敬の念を抱いてしまいそうだ。

(文=櫻井健一/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

本国ではアウディ自慢の4WDシステム「クワトロ」もラインナップするが、日本ではFFのみの設定となる。燃費はJC08モードで17.9km/リッターと発表されている。
本国ではアウディ自慢の4WDシステム「クワトロ」もラインナップするが、日本ではFFのみの設定となる。燃費はJC08モードで17.9km/リッターと発表されている。拡大
12.3インチの液晶画面をメーターパネルとして採用する「アウディバーチャルコックピット」はオプション。写真はアナログメーターの雰囲気を再現したモードだが、カーナビの地図をほぼ全面に拡大して表示することも可能だ。
12.3インチの液晶画面をメーターパネルとして採用する「アウディバーチャルコックピット」はオプション。写真はアナログメーターの雰囲気を再現したモードだが、カーナビの地図をほぼ全面に拡大して表示することも可能だ。拡大
試乗車は前後とも215/55R17サイズの「ミシュラン・プライマシー3」を装着していた。ホイールは「5アームスターデザイン」と呼ばれるもの。「S lineパッケージ」を選べば、サイズは18インチとなり、「5本スポークYデザイン」に変更される。
試乗車は前後とも215/55R17サイズの「ミシュラン・プライマシー3」を装着していた。ホイールは「5アームスターデザイン」と呼ばれるもの。「S lineパッケージ」を選べば、サイズは18インチとなり、「5本スポークYデザイン」に変更される。拡大
ステアリングの操作に合わせ、フロントノーズがスッとインに入り込むハンドリングは、ホットハッチもかくやというもの。「Q2」の走りは、SUVというカテゴリーから想像する以上にスポーティーだった。
ステアリングの操作に合わせ、フロントノーズがスッとインに入り込むハンドリングは、ホットハッチもかくやというもの。「Q2」の走りは、SUVというカテゴリーから想像する以上にスポーティーだった。拡大

テスト車のデータ

アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4205×1795×1500mm
ホイールベース:2595mm
車重:1340kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150ps(110kW)/5000-6000rpm
最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1500-3500rpm
タイヤ:(前)215/55R17 94W /(後)215/55R17 94W(ミシュラン・プライマシー3)
燃費:17.9km/リッター(JC08モード)
価格:405万円/テスト車=495万円
オプション装備:オプションカラー<ベガスイエロー>(6万円)/オートマチックテールゲート(7万円)/アシスタンスパッケージ<サイドアシスト+アクティブレーンアシスト+トラフィックジャムアシスト+リアクロストラフィックアシスト+プレセンスベーシック+ハイビームアシスト>(13万円)/ナビゲーションパッケージ<MMIナビゲーションシステム+TVチューナー+8スピーカー+スマートフォンインターフェイス>(35万円)/Bang & Olufsenサウンドシステム(12万円)/パーシャルレザーシート(12万円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ
アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ拡大
「Q2」ではグリルのフレーム形状と格子のデザインが、他のアウディラインナップとは異なっている。
「Q2」ではグリルのフレーム形状と格子のデザインが、他のアウディラインナップとは異なっている。拡大
注目の記事PR
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。
    「アストンマーティン・ヴァンテージ」でSUPER GTに挑み、その究極を知るプロが魅力を語った。 特集
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
www.protege.kiev.ua/poligrafiya/kartonnyie-birki.html

www.protege.kiev.ua

http://protege.kiev.ua

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。