クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フィアット500Xクロス(FF/6AT)

細かいことはいいんだよ 2019.06.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。

イタリアで大人気!

去年のちょうどいまごろ、久しぶりにイタリアを訪れる機会があった。目的はもちろん仕事。部品メーカーの取材がメインで、自動車メーカーの工場見学といったプログラムもあったが、自分でステアリングを握ることはなかった。そのぶん、街やアウトストラーダを走るクルマを楽しく観察したのだが、そのとき気になったのが、実はフィアット500Xである。

なにが不思議って、500Xがたくさん走っているのだ。フィアットのお膝元のイタリアとはいえ、500Xがこれほど人気とは思わなかった。実際、500Xはイタリアで売れていて、イタリア在住の大矢アキオさんの連載「マッキナ あらモーダ!」でも、2019年1月~4月のクロスオーバー新車登録台数でイタリアのトップはこの500Xと書かれている。

その人気の秘密を大矢さんに聞いてみると、イタリアでもSUVがブームになっていることに加えて、リース会社による積極的なプロモーションのおかげで、500Xの販売が好調なのだという。さらに、「近年税務調査が厳しいイタリアでフィアットというポピュラーなブランドに乗っていれば、あまり目立たない、ということもあります」と教えてくれた。何がきっかけでヒットするかわからないものだが、いずれにせよ、イタリアで500Xに勢いがあるのは確かである。

ボディー同色のダッシュボードが目を引くインストゥルメントパネルまわり。シートヒーターやデュアルゾーンエアコン、リアパーキングカメラなどは全車標準装備となる。
ボディー同色のダッシュボードが目を引くインストゥルメントパネルまわり。シートヒーターやデュアルゾーンエアコン、リアパーキングカメラなどは全車標準装備となる。拡大
今回の試乗車は上級グレードの「500Xクロス」。標準装備されるシートの色は、ブラックとブラウン(写真)の2色から選択可能だ。
今回の試乗車は上級グレードの「500Xクロス」。標準装備されるシートの色は、ブラックとブラウン(写真)の2色から選択可能だ。拡大
2014年のパリモーターショーで世界初公開された「500X」。今回のマイナーチェンジで日本仕様は「500X」「500Xクロス」の2グレード構成となり、4WD仕様が廃止された。
2014年のパリモーターショーで世界初公開された「500X」。今回のマイナーチェンジで日本仕様は「500X」「500Xクロス」の2グレード構成となり、4WD仕様が廃止された。拡大

FFだけのラインナップに

そんな500Xがフェイスリフトを受け、2019年5月から日本でも販売が始まっている。「フィアット500(チンクエチェント)」のイメージを受け継ぐとともに、全高と最低地上高を高くし、少しぽっちゃりとしたボディーを与えられた特徴あるスタイルを守りながら、新デザインのLEDヘッドライト/デイタイムランニングライトなどにより、キリッとシャープなフロントマスクを手に入れたのが印象的だ。

なお、500Xは500ファミリーの一員であるとはいえ、中身はまるで別モノ。「ジープ・レネゲード」と共通のプラットフォームを採用していることをご存じの方は多いだろう。

それはさておき、新しい500Xには、新開発の1.3リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載されている。従来型が1368ccのターボエンジンだったのに対し、新型は1331ccと37cc排気量が小さいが、151psの最高出力、270Nmの最大トルクはともに従来型よりもアップしている。これに6段デュアルクラッチトランスミッション(DCT)が組み合わせられる。

これまでラインナップされていた4WD仕様は今回は用意されず、販売される2グレードはともにFF。そのうちエントリーグレードの「500X」は受注生産ということになるから、実際の販売はほぼこの「500Xクロス」ということになる。

従来モデルから大幅に変更されたフロントまわり。ヘッドランプはHID式からLED式となり、またポジションランプが上下に分割される新デザインとなった。バンパーの意匠も変更されており、これにより全長は従来より30mm拡大している。
従来モデルから大幅に変更されたフロントまわり。ヘッドランプはHID式からLED式となり、またポジションランプが上下に分割される新デザインとなった。バンパーの意匠も変更されており、これにより全長は従来より30mm拡大している。拡大
「FireFly(ファイアフライ)」と呼ばれる新開発の1.3リッター直4ターボエンジン。燃焼室形状や動弁機構を見直すことで、最高出力は11ps、最大トルクは20Nm向上している。
「FireFly(ファイアフライ)」と呼ばれる新開発の1.3リッター直4ターボエンジン。燃焼室形状や動弁機構を見直すことで、最高出力は11ps、最大トルクは20Nm向上している。拡大
新エンジンの搭載により、燃費も約10%改善。WLTCモードで13.5km/リッターとなった。
新エンジンの搭載により、燃費も約10%改善。WLTCモードで13.5km/リッターとなった。拡大

思いのほか軽快な走り

運転席に座ると、少し高めのアイポイントから、いつもよりちょっと見晴らしのいい眺めを楽しむことができる。つややかなボディー同色のインストゥルメントパネルもおしゃれで、それでいてチープな感じがしないのがうれしいところだ。全長4280mm、全幅1795mm、ホイールベース2570mmの余裕あるサイズのボディーのおかげで、前席はもちろんのこと、後席に大人が座っても十分なスペースが確保されている。

早速走りだすと、出足こそ少しトルクが細いが、2000rpm手前あたりからは、存在感のあるクロスオーバーのボディーをストレスなく走らせるのに十分なトルクを発生させてくれる。さらにエンジンを回すと、6000rpmあたりまで活発さは持続し、なかなかの気持ちよさだ。DCTが乾式クラッチを使うからか、低回転でスムーズさに欠ける場面もあるが、シングルクラッチタイプに比べれば、その動作はより自然である。

見た目の印象とは裏腹に、500Xのハンドリングは思いのほか軽快だ。全高や最低地上高が高めであるにもかかわらずロールがよく抑えられているので、コーナーを走る場面でも不安を感じず、爽快な走りが楽しめるのもいい。

運転支援システムについては、衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報や車線逸脱警報などを搭載。「500Xクロス」には、簡易なものだがアダプティブクルーズコントロールも装備される。
運転支援システムについては、衝突被害軽減ブレーキ付きの前面衝突警報や車線逸脱警報などを搭載。「500Xクロス」には、簡易なものだがアダプティブクルーズコントロールも装備される。拡大
トランスミッションは乾式の6段DCT。「500Xクロス」ではシフトパドルによる手動変速も可能となっている。
トランスミッションは乾式の6段DCT。「500Xクロス」ではシフトパドルによる手動変速も可能となっている。拡大
マイナーチェンジにより30~60kg重量が増した「500X」だが、軽快な走りは健在だ。
マイナーチェンジにより30~60kg重量が増した「500X」だが、軽快な走りは健在だ。拡大

改善すべき箇所はあるが

少しのんびりした見た目の500Xだけに、意外に軽快な走りに驚かされたが、それと引き換えに乗り心地はいま一歩というのが正直な感想。少し硬めというのは許せるものの、常に小刻みな上下動があり、せわしないのだ。ベースグレードより1インチアップされた215/55R17サイズのタイヤを履くためか、目地段差を越えたときのショックも拾いがちで、もう少し落ち着きや快適さがほしい。

また、細かいところでも気になることがいくつかあった。ひとつはアダプティブクルーズコントロール。先行車との車間距離を自動的に維持する便利な機能だが、500Xの場合、30km/hを少し下回ると解除されてしまうので、ノロノロ渋滞などでの追従はなく、その魅力が半減している。7インチタッチパネルモニターを搭載するインフォテインメントシステムの「Uconnect」には、スマートフォンとの連携機能が備わり、スマートフォンアプリのナビゲーションも利用できるのだが、Apple CarPlayを試すと表示エリアが狭く、やや見にくいのが玉にキズだ。

ラゲッジスペースももう少し広かったら……などど、欲をいえばきりがないが、このデザインにホれた人には、私の指摘など、ほんのささいなことだろう。おおらかな気持ちで付き合いたい一台である。

(文=生方 聡/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

「500Xクロス」のタイヤサイズは215/55R17。従来モデルにおけるFFの上級グレード「ポップスター プラス」のもの(225/45R18)と比べ、幅と内径がひとまわり小さくなり、偏平率が増した。
「500Xクロス」のタイヤサイズは215/55R17。従来モデルにおけるFFの上級グレード「ポップスター プラス」のもの(225/45R18)と比べ、幅と内径がひとまわり小さくなり、偏平率が増した。拡大
インフォテインメントシステム「Uconnect」は携帯端末のミラーリングに対応しているが、ご覧の通り画面にメニューボタンが残るため、アプリの表示エリアがやや狭くなる。
インフォテインメントシステム「Uconnect」は携帯端末のミラーリングに対応しているが、ご覧の通り画面にメニューボタンが残るため、アプリの表示エリアがやや狭くなる。拡大
ボディーカラーは全5色。試乗車に採用されていた「アバターブルー」(写真)と「ファッショングレー」は、プラス5万4000円の有償色となる。
ボディーカラーは全5色。試乗車に採用されていた「アバターブルー」(写真)と「ファッショングレー」は、プラス5万4000円の有償色となる。拡大

テスト車のデータ

フィアット500Xクロス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4280×1795×1610mm
ホイールベース:2570mm
車重:1440kg
駆動方式:FF
エンジン:1.3リッター直4 SOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:151ps(111kW)/5500rpm
最大トルク:270Nm(27.5kgm)/1850rpm
タイヤ:(前)215/55R17 94V/(後)215/55R17 94V(ブリヂストン・トランザT001)
燃費:13.5km/リッター(WLTCモード)
価格:334万円/テスト車=344万1952円
オプション装備:ボディーカラー<アバターブルー>(5万4000円)/ETC車載器(1万3392円)/フロアマット<ロゴプリント入り>(3万4560円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:1110km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:301.2km
使用燃料:21.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:14.2km/リッター(満タン法)/13.0km/リッター(車載燃費計計測値)

フィアット500Xクロス
フィアット500Xクロス拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フィアット 500X の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。