ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表

2019.06.18 自動車ニュース
ポルシェ718ケイマンGT4
ポルシェ718ケイマンGT4拡大

独ポルシェは2019年6月18日、「718」シリーズに新型「718スパイダー」「718ケイマンGT4」の2モデルを追加すると発表した。

 
ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表の画像拡大
 
ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表の画像拡大
 
ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表の画像拡大
718スパイダー
718スパイダー拡大
 
ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表の画像拡大
 
ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表の画像拡大

高回転型の自然吸気エンジンを搭載した高性能モデル

今回追加された718スパイダーと718ケイマンGT4は、最高出力420psを発生する自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンに、6段MTを組み合わせた高性能モデルである。

最大回転数8000rpmという高回転型のエンジンは、新型「911カレラ」に搭載されるターボエンジンをノンターボ化したもので、420psという最高出力はケイマンGT4では35ps、スパイダーでは45ps、先代モデルを上回るものとなっている。最大トルクは420Nmで、5000-6800rpmの回転域で発生する。燃焼効率の改善も図っており、DFI(燃料噴射装置)にはピエゾ式インジェクターを採用。燃料噴射を5段階に分けることで燃焼プロセスを向上させているという。また低負荷の状態では片バンクのシリンダーを休止して燃費消費を抑制する気筒休止システム「アダプティブシリンダーコントロール」を初採用した。

空力性能を追求したボディーのデザインも特徴のひとつとなっており、ケイマンGT4では大型のフロントリップスポイラーと前輪に沿って流れる空気を整流する「エアカーテン」の採用により、フロントまわりの空力のバランスを最適化。リアまわりでは左右のサイレンサーにアーチ状のカバーを設けることでリアディフューザーのスペースを確保するとともに、固定式リアウイングの形状を見直すことで、200km/h走行時のダウンフォースを12kg増加させた。これにより、空気抵抗の増加は抑制しつつ、車両全体で得られるダウンフォースを50%増やしている。

一方、718スパイダーでは車速が120km/hになると自動でせり上がる可動式のリアスポイラーを採用。リアアクスル付近で発生するダウンフォースの量を、大幅に増加させた。

シャシーについても独自の改良がなされており、30mm車高を低くする「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント」の採用により低重心化。作動を完全に解除できる「ポルシェスタビリティーマネージメント」や、機械式リアディファレンシャルを備えた「ポルシェトルクベクタリング」などを標準装備している。さらに、タイヤには、新型718ケイマンGT4がニュルブルクリンク北コースのラップタイムを先代モデルから10秒短縮した際に装着していたという、ポルシェ専用に開発されたウルトラハイパフォーマンス(UHP)タイヤを装着。オプションで「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ」も用意されている。

これらの改良により、両モデルは718ケイマンGT4で304km/h、718スパイダーで301km/hという最高速と、0-100km/h加速=4.4秒という加速性能を実現。燃費は新欧州サイクルでの燃費はともに10.9リッター/100km(約9.2km/リッター)と公称されている。

なお、718ケイマンGT4にはサーキット走行を楽しむユーザー向けに、リアの鉄製ロールバーや消火器、運転席の6点式シートベルトなどを含む「クラブスポーツパッケージ」もオプションで用意されている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
718ケイマン, 718ボクスター, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)/911カレラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.2.26 試乗記 より未来的なデザインや最新のユーザーインターフェイスを手に、華々しくデビューした新型「ポルシェ911」に、スペイン・バレンシアで試乗。最新の911は最良の911か? 長年繰り返されてきたこの問いを、新型にも投げかけてみた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ひたすらに“走りのよさ”を追求
    7代目「ポルシェ911」とはどんなクルマだったのか?
    2019.7.1 デイリーコラム モデルライフも終盤を迎えつつある、991型こと7代目「ポルシェ911」。このモデルはどのような評価とともに市場に迎えられ、911にどのような進化をもたらしたのか? 純粋に“走りのよさ”を追求した、そのキャラクターを振り返る。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表 2019.6.18 自動車ニュース 独ポルシェが新型「718スパイダー/ケイマンGT4」を発表。最高出力420psを発生する、自然吸気の4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載した高性能モデルで、ともに300km/hを超える最高速と、0-100km/h=4.4秒という加速性能を実現している。
ホームへ戻る