第137回:世俗を捨てよスーパーカー!

2019.07.09 カーマニア人間国宝への道

現代のフェラーリに幻滅

30年前、初めてフェラーリ(「テスタロッサ」でした)を運転させていただいた時、私は「このクルマは治外法権だ! 他のクルマとは何万光年も離れた、神のような存在だ!」と打ち震えた。それは、世俗的な良識や規制の埒外(らちがい)にある、世俗的な目的を持たない世界唯一の自動車芸術だと感じたからだ。

それから30年。「SF90ストラダーレ」なるニューモデルの発表を聞いて、現代のフェラーリは、世俗中の世俗に堕(お)ちたと悟るしかない。

SF90ストラダーレは、780psのV8ターボエンジンと、計220psを発生する3基の電気モーターを積み、合計最高出力1000psを誇るフェラーリ初のプラグインハイブリッド・ミドシップ4WD車で、その乾燥重量は1570kgだという。

フロント左右のモーターの駆動力をコントロールすることで、コーナリングを助けるという部分も含め、メカの構成は「ホンダNSX」そっくりだ。初代に続いてフェラーリがNSXの影響を受けたということか。ちなみにNSXのV6ターボは507ps、モーターは前が37ps×2、後ろが48psで、システム最高出力581ps。車両重量は1800kgとなっている。

車両重量については、フェラーリは常に「乾燥重量」というものを発表している。オイルや冷却水などの液体を除いた、カラカラのミイラみたいな状態の重さで、実際の重量とはかなり異なる。

私が以前所有していた「458イタリア」は、乾燥重量1380kgとなっていたが、車検証上はなんと1580kg。オイルや冷却水だけで200kgもあるのかぁ!? という感じだが、とにかくフェラーリの「乾燥重量」は、実際の重量より200kgくらい軽いと考える必要がある。つまりSF90ストラダーレの車両重量は、NSXとほぼ同じだろう。

オーナー様に試乗させていただいた「フェラーリ・テスタロッサ」と。
オーナー様に試乗させていただいた「フェラーリ・テスタロッサ」と。拡大
「フェラーリSF90ストラダーレ」はフェラーリ初の市販PHEVとなる。
「フェラーリSF90ストラダーレ」はフェラーリ初の市販PHEVとなる。拡大
ホンダNSX(写真=池之平昌信)
ホンダNSX(写真=池之平昌信)拡大
筆者のかつての愛車、「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
筆者のかつての愛車、「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事