第611回:名門カロッツェリア最後の“女将”
リッリ・ベルトーネの華麗なる生涯

2019.07.05 マッキナ あらモーダ!

路上で声をかけられ“カロッツェリアの妻”に

イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」で最後の社長を務めたリッリ・ベルトーネ氏が2019年6月23日、スイスのルガーノで亡くなった。84歳だった。

リッリ氏は1997年2月、夫で旧「カロッツェリア・ベルトーネ」の2代目社主だったヌッチオ・ベルトーネ氏が83歳で他界した後に同社の経営を継承。2014年に倒産するまで代表を務めた。

彼女の正式な名前は、エルメリンダ・コルテーゼ・ベルトーネ。トリノと同じピエモンテ州のアレッサンドリアで1935年に生まれた。2019年6月23日付『クオティディアーノ・ピエモンテーゼ』紙の電子版が彼女の著書『プロメッティ!』からの引用として伝えるところによると、父が軍幹部を務める家庭の次女で、税理士資格を取得後、銀行員として11年間勤務している。

ヌッチオ・ベルトーネ氏との出会いは、イタリア自動車クラブ(ACI)の2002年3月号会報に掲載されたインタビューに詳しい。彼女がトリノの自動車部品店で愛車「フィアット600」のバンパー用オーバーライダーを探していたところ、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」で通りかかったヌッチオ氏が車内から「それはあなたのクルマの外観を台無しにするよ」と声をかけてきたのがきっかけだったそうだ。

さらに、料理サイト『インフォルマ・チーボ』の2006年の記事によれば、ヌッチオ氏は味にうるさかったため、リッリ氏は料理の腕を上げるべく数々の著名なクッキングスクールに通う日々が続いたという。

リッリ・ベルトーネ氏。「ランボルギーニ・ミウラ」と。2006年3月のジュネーブモーターショーで。
リッリ・ベルトーネ氏。「ランボルギーニ・ミウラ」と。2006年3月のジュネーブモーターショーで。拡大
筆者がリッリ氏を最初に取材したのは、2001年にパリのバガテル庭園で開催された「ルイ・ヴィトン・クラシック」だった。
筆者がリッリ氏を最初に取材したのは、2001年にパリのバガテル庭園で開催された「ルイ・ヴィトン・クラシック」だった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事