クルマもスマホで乗る時代
ボッシュの新たな“キーレス”技術とは?

2019.07.05 デイリーコラム

手ぶら感覚で極めて安全

いまや、誰もが持っているスマートフォン。“○○ペイ”のスマホ決済も急速に広まり、ますます手放せない存在になっているのではないだろうか。クルマだって、カーシェアリングやタクシーの予約はスマホがキホン。離れたところにあるマイカーの状態を手元のスマホでチェックできる、なんて車種もある。

いっそのこと、かさばるキーを持たずに、スマホだけでクルマを扱えないものか? と思っていたら、世の中、そういう方向で動いているらしい。

2019年6月、自動車部品メーカーのボッシュは、スマートフォンをキー代わりにクルマの施錠・解錠およびエンジン始動ができるシステム「パーフェクトリー キーレス」を発表した。まだコンセプトの段階かと思いきや、とっくに海外の自動車メーカーに納入していて、2021年には同システムを搭載した量産車が発売される見通しという。

もっとも、従来型のキーを使うことなくクルマに乗れるシステムは、これが初めてではない。Suica(スイカ)やFeliCa(フェリカ)でおなじみの「NFC」(近距離無線通信)を使った“かざすタイプ”のキーは、アウディやBMW、ゼネラルモーターズなどで使われている。一方、今回のパーフェクトリー キーレスは、車両とユーザーとの通信・認証に非接触型のBluetooth(低消費電力タイプのBluetooth Low Energy)を採用している。アメリカのテスラもBluetoothを使ったシステムを自社開発していて、それもまた安全性には重々配慮されたものに違いないが、今回のシステムはセキュリティーのレベルが格段に高くなっている、というのがボッシュの主張だ。

そう。“手ぶら感”も大事だが、パーフェクトリー キーレス最大のセリングポイントは安全性なのである。

最も警戒すべきは、ここ数年国内でも多発している「リレーアタック」という車両盗難の手口だ。これは、窃盗団が(長波と極超短波周波数を使う)スマートキーの電波をキャッチ、車両を解錠して乗り逃げするというもの。無線キーの特徴を逆手に取った犯罪といえる。

この点、ボッシュが開発したシステムは、個々のスマホのBluetooth用チップに見られる「人間の指紋のような特有の“クセ”」を利用したもので、これを唯一無二の認証手段として安全なペアリングを実現。電波泥棒によるリレーアタックも排除できるという。発表会で製品説明にあたったボッシュの石塚秀樹さんも、「企業秘密の部分があるので、すべてを詳しく説明することはできませんが……」と断りつつ、「まず破られないと思いますね」と安全性に自信を見せる。

「パーフェクトリー キーレス」使用時の、スマートフォンのイメージ。画面内に見られる「フォード・マスタング」はあくまでサンプルで、マスタングの市販車両に同システムが採用されているわけではない。念のため。
「パーフェクトリー キーレス」使用時の、スマートフォンのイメージ。画面内に見られる「フォード・マスタング」はあくまでサンプルで、マスタングの市販車両に同システムが採用されているわけではない。念のため。拡大
「パーフェクトリー キーレス」のメニューは現在、ドアの解錠・施錠、エンジンの始動、荷室ドアの解錠に分かれている。これにより「エンジン始動は許可しないがトランクルームの解錠だけは認める」などの個別設定が可能で、例えば、「宅配業者からの荷物を荷室に置いておいてもらう」といった使い方ができる。
「パーフェクトリー キーレス」のメニューは現在、ドアの解錠・施錠、エンジンの始動、荷室ドアの解錠に分かれている。これにより「エンジン始動は許可しないがトランクルームの解錠だけは認める」などの個別設定が可能で、例えば、「宅配業者からの荷物を荷室に置いておいてもらう」といった使い方ができる。拡大
今回お話をうかがった、ボッシュ オートモーティブエレクトロニクス事業部の事業部長、石塚秀樹さん。「リレーアタック」などに対する「パーフェクトリー キーレス」の防犯性の高さについては、絶対の自信を見せる。
今回お話をうかがった、ボッシュ オートモーティブエレクトロニクス事業部の事業部長、石塚秀樹さん。「リレーアタック」などに対する「パーフェクトリー キーレス」の防犯性の高さについては、絶対の自信を見せる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事