マツダが「アテンザ」を「マツダ6」に車名変更 2.5リッターターボエンジン搭載車も設定

2019.07.04 自動車ニュース
マツダ・マツダ6セダン25T Sパッケージ
マツダ・マツダ6セダン25T Sパッケージ拡大

マツダは2019年7月4日、同社のフラッグシップモデルである「アテンザ」の車名を「MAZDA6(マツダ・シックス)」に変更し、予約受注を開始した。発売は同年8月1日を予定している。

「25T Sパッケージ」のインテリア。
「25T Sパッケージ」のインテリア。拡大
「25T Sパッケージ」に装着されるブラックメタリック塗装の19インチアルミホイールと225/45R19サイズのタイヤ。
「25T Sパッケージ」に装着されるブラックメタリック塗装の19インチアルミホイールと225/45R19サイズのタイヤ。拡大

新たなスポーティーグレードも設定

マツダ6は、マツダが考える“走る歓び”の価値を最大化すべく、クルマにとっての本質的な価値である“スタンスの良さや操る楽しさ”を追求したというモデル。「本質にこだわる大人が夢中になれる、落ち着いたエレガンスと爽快なダイナミクスを兼ね備えたドライバーズカー」をコンセプトに開発されている。

今回エンジンラインナップに、クリーンディーゼルと自然吸気のガソリンに加え、2.5リッターガソリンターボエンジン「スカイアクティブG 2.5T」が追加設定された。このエンジンを搭載する「25T Sパッケージ」は、ファイナルギア比を加速重視に変更し、制動性能を強化すべく17インチの大径フロントブレーキを採用。さらに、ブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアを専用設定とするなど、上質さと走りへの期待感を高めたスポーティーグレードに位置づけられる。

また、より安心感のある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」が全グレードに標準設定とされたほか、IRカットガラスの設定、マツダ コネクトへのApple CarPlay、Android Auto対応機能追加など、快適性・利便性の向上も図られている。

なお、アテンザは2019年6月14日に生産を終了しており、在庫がなくなり次第販売終了となる。

「マツダ6セダン」および「マツダ6ワゴン」のラインナップと価格は以下の通り。

  • 20S(FF/6AT):284万0400円
  • 20Sプロアクティブ(FF/6AT):303万4800円
  • 25S Lパッケージ(FF/6AT):356万9400円
  • 25T Sパッケージ(FF/6AT):423万9000円
  • XD(FF/6AT):325万0800円
  • XD(4WD/6AT):348万8400円
  • XDプロアクティブ(FF/6AT):344万5200円
  • XDプロアクティブ(FF/6MT):349万9200円
  • XDプロアクティブ(4WD/6AT):368万2800円
  • XDプロアクティブ(4WD/6MT):373万6800円
  • XD Lパッケージ(FF/6AT):397万9800円
  • XD Lパッケージ(FF/6MT):397万9800円
  • XD Lパッケージ(4WD/6AT):421万7400円
  • XD Lパッケージ(4WD/6MT):421万7400円

(Clubpyme)

関連キーワード:
マツダ6セダン, マツダ6ワゴン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
ホームへ戻る