「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 SUPER GTドライバーが英国でデモランを披露

2019.07.08 自動車ニュース

今回公開された、「レクサスLC」のコンバーチブルモデルの試作車。


	今回公開された、「レクサスLC」のコンバーチブルモデルの試作車。
	拡大

トヨタ自動車は2019年7月5日、レクサスブランドのフラッグシップクーペである「LC」のコンバーチブルモデルを市販すると発表。英国サセックスで開催中の自動車イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019」において試作車を披露し、デモランを実施した。

 
「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 SUPER GTドライバーが英国でデモランを披露の画像拡大
 
「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 SUPER GTドライバーが英国でデモランを披露の画像拡大
 
「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 SUPER GTドライバーが英国でデモランを披露の画像拡大
 
「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 SUPER GTドライバーが英国でデモランを披露の画像拡大

クーペとともに、レクサスのラインナップにおいて頂点と位置づけられる、LCのコンバーチブルモデル。「LCのデザインと走行性能が調和した独創的で流麗なスタイリング」や「“より鋭く、より優雅に”をコンセプトとする優れた走り」、「コンバーチブルモデルならではの自然との一体感や運転の気持ちよさ」がセリングポイントとなっている。同年1月の北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)では、そのコンセプトモデルとなる「LCコンバーチブルコンセプト」が世界初公開されている。

今回のデモラン(ヒルクライム)は、独自のカムフラージュを施した状態で行われ、SUPER GT選手権のGT500クラスにLEXUS TEAM KeePer TOM'Sから参戦しているレーシングドライバー、ニック・キャシディがステアリングを握った。

レクサスは今後、そのステアリングフィールや“走りのリズム”に一層磨きをかけるため、世界各地の道でテストを行い、クルマを鍛え上げるという。

正式な車名や具体的な性能については、後日発表される見込み。

(Clubpyme)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • レクサスRC F/RC【試乗記】 2019.6.6 試乗記 パワフルなV8エンジンから足まわり、そして空力性能と、あらゆる点に改良が加えられた高性能スポーツクーペ「レクサスRC F」。最新型の到達点を確かめるべく「RC350」や「RC300h」とともに富士スピードウェイで試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ 手放し運転可能な「プロパイロット2.0」を搭載 2019.7.16 自動車ニュース 日産自動車は2019年7月16日、「スカイライン」をマイナーチェンジし、同年9月に発売すると発表した。エクステリアデザインや搭載エンジンの変更、同一車線内での“ハンズオフ”を実現した運転支援システム「プロパイロット2.0」の導入など、改良は多岐にわたっている。
ホームへ戻る