第139回:見た目も足もマシュマロマン

2019.08.06 カーマニア人間国宝への道

第一印象は百貫デブ!

ついこの間まで、日本で販売されているシトロエンには、「C3」と「C4スペースツアラー」の2車種しか御座いませんでした。そこに「C5エアクロスSUV」(以降、SUVは割愛)が加わったので、シトロエンファンのはしくれとして試乗させていただくことにいたしました。

我が家には現在、“シトロエン”の「DS3」がいる。いまは別ブランドになったDSだけど、我が家のはギリギリだかなんだかよくわからないがとにかくシトロエン。そんな崖っぷちシトロエンオーナーのC5エアクロスの第一印象は、

「うげえっ! 百貫デブ!」

でした。

とにかくお肉が余っちゃってて、洋服のゴムやベルトがいろんなところで食い込んじゃってる。特に顔は三段腹を思わせる。顔が腹なんだからそりゃデブだわな。

我が家のDS3は、大胆かつ繊細にしてオシャレさんなエクステリアが自慢だけど、それに比べるとC5エアクロスはとっても大味。お砂糖をタップリかけたフルーツ菓子パンみたいなルックスだ。

このぶくぶくしたボディーのイメージのせいで、運転席に座るとなんだかとっても太ったクルマに乗ってるみたいで、すっごく取りまわしが悪く感じる。余ったお肉部分が実際以上にプックリはみ出ているように感じてしまうのです。実際にはサイズはそんなに大きくないんだけど。

うわ、調べたら全長わずか4500mm、全幅なんかたったの1850mmじゃんか! 「RAV4」より小さいやんけ! 信じられん。

シトロエンC3
シトロエンC3拡大
シトロエンC4スペースツアラー
シトロエンC4スペースツアラー拡大
「シトロエンC5エアクロスSUV」の第一印象は百貫デブ!
「シトロエンC5エアクロスSUV」の第一印象は百貫デブ!拡大
筆者の愛車は、シトロエン時代の「DS3」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車は、シトロエン時代の「DS3」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事