テスラ・モデル3(前編)

2019.08.08 谷口信輝の新車試乗 既存の「モデルS」や「モデルX」よりもコンパクトな、4ドアセダン型の電気自動車「テスラ・モデル3」。試乗のチャンスを楽しみにしていた“テスラ好き”のレーシングドライバー谷口信輝の第一印象は?

スイッチがなくても問題なし

「シンプルーっ!」

テスラ・モデル3の運転席に初めて腰掛けたとき、谷口信輝は思わずそう叫んでいた。

たしかに、ドライバーの真っ正面にはハンドルと2本のレバー以外、なにもない。その光景は、テスラ好きの谷口でさえ驚くくらいシンプルなものだ。では、ここまで操作系がなにもなくて不自由するかといえば、そんなことはなく、ナビゲーションやエアコンだけに限らず、ライトの自動オン/オフやドアミラーの調整に至るまで、センターコンソール上の巨大タッチディスプレイが大活躍する。

例えば、ドアミラーを調整するときはディスプレイ上でどちらのミラーを動かすかを選択したうえで、ステアリング上の左側にあるロータリースイッチを使って操作する。テスラ自慢のアダプティブクルーズコントロール+レーンキープアシストのオートパイロットを作動させるには、ステアリングコラムの右側からはえたシフトレバーを下向きに2回立て続けに押し込む、といった具合。

ただし、大型タッチディスプレイを用いる操作は、どれもドライバーが自分好みに一度設定してしまえば、それ以降は基本的に再操作が不要。谷口も驚いたほどシンプルな操作系だけでドライビングできるのは、このモデル3の特徴のひとつといっていいだろう。
「このシンプルな感じ、最初はちょっと寂しいと思ったけれど、すぐに慣れますね」

特に説明を受けなくても、触っているうちになんとなく使い方を覚えてしまった谷口がそんな感想を漏らした。
「別にスイッチ類がなくても不自由しない。これだけでクルマは運転できるんだ……と、なんだかそんな気持ちにさせてくれますね」

 
テスラ・モデル3(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3(前編)の画像拡大
 
テスラ・モデル3(前編)の画像拡大

【テスラ・モデル3のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4694×1849×1443mm/ホイールベース:2875mm/車重:1770kg/駆動方式:RR/最高出力:--ps(--kW)/--rpm/最大トルク:--Nm(--kgm)/--rpm/タイヤ:(前)235/40R19 96W/(後)235/40R19 96W(コンチネンタル・プロコンタクトRX)/一充電最大走行可能距離:530km(メーカー参考値)/交流電力量消費率:--Wh/km/価格:--円


	【テスラ・モデル3のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4694×1849×1443mm/ホイールベース:2875mm/車重:1770kg/駆動方式:RR/最高出力:--ps(--kW)/--rpm/最大トルク:--Nm(--kgm)/--rpm/タイヤ:(前)235/40R19 96W/(後)235/40R19 96W(コンチネンタル・プロコンタクトRX)/一充電最大走行可能距離:530km(メーカー参考値)/交流電力量消費率:--Wh/km/価格:--円
	拡大

関連キーワード:
モデル3, テスラ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • 第615回:外国人(ほぼ)お断り!?
    これがイタリア国内の最新EV事情
    2019.8.2 マッキナ あらモーダ! 化石燃料依存からの脱却を目指し、電気自動車(EV)旋風が吹き荒れる欧州。しかし、イタリアは“EV先進国ランキング”で、なんと17位に沈むという。EVでイタリア観光に訪れる外国人観光客を眺めながら、“誰にも優しくない”イタリア国内のEV事情を大矢アキオが報告する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • マツダ3ファストバック<スカイアクティブX搭載車>【海外試乗記】 2019.7.25 試乗記 ガソリンエンジンならではの爽快感と、ディーゼルエンジンの力強さ。その“いいとこ取り”をうたうマツダの「スカイアクティブX」ユニットは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 新エンジン搭載の「マツダ3」にドイツで試乗した。
ホームへ戻る