第201回:無邪気な美少年はなぜIKAトリノで暴走したのか
『永遠に僕のもの』

2019.08.15 読んでますカー、観てますカー

BL犯罪映画がトレンド?

実は別の映画を取り上げる予定だった。『ホット・サマー・ナイツ』である。主演はティモシー・シャラメ。『君の名前で僕を呼んで』『ビューティフル・ボーイ』で注目を集めた話題の美少年だ。夏のリゾート地を舞台にした青春映画で、映像はビビッドでオシャレ感があふれている。これが長編デビューとなるイライジャ・バイナム監督はなかなかセンスがあるな、と思って観ていたら、後半に失速。わりとありがちなドラッグ売人映画になってしまった。

その後で観たのが『永遠に僕のもの』。こちらも美少年映画である。同日公開ということもあり、比較されてしまうのは仕方がない。ほかにも似ている要素がある。『ホット・サマー・ナイツ』は薬物売買で『永遠に僕のもの』は強盗と殺人という違いはあるが、いずれも犯罪が重要なテーマになっている。そして、主人公がマッチョ系イケメンとタッグを組むところも同じ。濃厚なBL的ムードが全編に漂っている。こういうのが世界的なトレンドなのだろうか。

『永遠に僕のもの』は、アルゼンチンのブエノスアイレスで1971年に実際に起きた事件をベースにしている。カルロス・ロブレド・プッチという名の少年が強盗を繰り返し、11人を殺害した。逮捕された彼の容貌が社会に衝撃を与えたらしい。当時は生まれつきの犯罪者は醜い容姿の持ち主であるという“ロンブローゾの理論”が信じられていたのに、捕らえられたのはあどけなく美しい顔をした少年だった。巻き毛のブロンドに天使のような顔立ちで、“童顔のモンスター”と呼ばれたという。

映画の主人公カルリートスは、この少年をモデルに造形されている。冒頭のシーンでカルリートスはタバコを吸いながら歩道を歩き、吸い殻をポイ捨て。ふと目に留まった豪邸に窓から侵入し、リビングルームにあったウイスキーを飲みながら室内を物色する。レコードを見つけてプレーヤーにかけ、音楽に合わせて踊りだした。彼は無邪気な快楽主義者であり、後ろめたさはみじんもない。

©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO拡大
 
第201回:無邪気な美少年はなぜIKAトリノで暴走したのか『永遠に僕のもの』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事