漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場

2017.08.28 自動車ニュース
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」
「トヨタ・クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

トヨタ自動車は2017年8月28日、「クラウン アスリート」に特別仕様車“J-FRONTIERリミテッド”を設定し、販売を開始した。

「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。
「クラウン アスリートS-T“J-FRONTIERリミテッド”」のリアビュー。拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
 
漆黒のグリルが目を引く、「トヨタ・クラウン」の特別仕様車登場の画像拡大
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」
「クラウン アスリートS“J-FRONTIERリミテッド”」拡大

今回の“J-FRONTIERリミテッド”は、駐車場などでのアクセル踏み間違え時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」を装備したほか、特別な内外装が与えられている。

特別装備の内容は以下の通り。

【全車共通】

  • 外装色:ブラックほか全6色、および「JAPAN COLOR SELECTION PACKAGE」(全12色)
  • 内装色:アイアンブラック(特別設定色)
  • フロントグリル(フードモール、アッパーモール、ロアモール、カバーモール):漆黒メッキ
  • フロントフォグランプベゼル:ブラック
  • 本革巻き4本スポークステアリングホイール:ブラックレイヤーウッド(本杢目)
  • インストゥルメントパネル/ドアトリム/センターコンソール/シフトノブ:ブラックレイヤーウッド調加飾
  • ウルトラスエード×本革シート表皮
  • アルミペダル(アクセル、ブレーキ)
  • インテリジェントクリアランスソナー

【S“J-FRONTIERリミテッド”、S Four“J-FRONTIERリミテッド”】

  • 王冠エンブレム(フロント)/Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付き)/リアライセンス、LEDリアコンビネーションガーニッシュ:ダークスモークメッキ
  • LEDリアコンビネーションランプ(エクステンションサイド部):ブラック

【S-T“J-FRONTIERリミテッド”】

  • リアバンパーロアスポイラー:ブラック
  • 前席シートヒーター

価格は以下の通り。

  • S-T“J-FRONTIERリミテッド”:454万6800円
  • S“J-FRONTIERリミテッド”:497万8800円
  • S Four“J-FRONTIERリミテッド”:519万4800円

(Clubpyme)

関連キーワード:
クラウン アスリート, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG/ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(後編)【試乗記】 2019.7.30 試乗記 1990年代半ばのデビューからの浮沈の歴史が、面白いように似ている「トヨタRAV4」と「ホンダCR-V」。比較試乗記の後編となる今回は、ハイブリッドパワートレインの出来栄えに加えて、細かなユーティリティー性能をチェックする。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+【海外試乗記】 2019.8.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。
  • スポーツセダン「ジャガーXE」が2020年型に スポーティーな「R-DYNAMIC」が登場 2019.8.2 自動車ニュース スポーツセダン「ジャガーXE」2020年モデルの受注がスタート。内外装のデザインをよりスポーティーなイメージに変更したほか、運転支援システムを標準化するなど、装備を大幅に強化。ラインナップには新たに「R-DYNAMIC」シリーズを設定した。
ホームへ戻る