ハスクバーナ新型3モデル メディア披露会の会場から

2018.03.14 画像・写真

いよいよ日本導入が秒読み段階となった、北欧のバイクメーカー、ハスクバーナの最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」の姿を、メディアローンチの会場より、写真で紹介する。

◆関連ニュース:「ハスクバーナ、日本に導入する3モデルをメディア向けに公開」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ハスクバーナ・スヴァルトピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2019.3.9 試乗記 魅力はデザインだけじゃない。ハスクバーナのユニークなスクランブラー「スヴァルトピレン401」は、スムーズかつ鋭い吹け上がりのシングルエンジンと、ちょっとクセのあるライドフィールにより、「操る楽しさ」を求めるライダーにうってつけの一台となっていた。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン401(MR/6MT)【レビュー】 2018.7.24 試乗記 スウェーデンのバイクブランド、ハスクバーナから、待望のロードモデル「ヴィットピレン401」がデビュー。他のどんなバイクにも似ていない北欧の“白い矢(VITPILEN)”は、欠点を探すのが難しいほどに完成度の高い一台に仕上がっていた。
  • ファンティック・キャバレロ フラットトラック125(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.13 試乗記 このほど日本でも取り扱いが開始されたイタリアのバイクメーカー、ファンティック。オフロードを得意とする同社のラインナップの中から、ダートトラックレースの競技車両をモチーフにしたという「フラットトラック125」に試乗。その出来栄えを確かめた。
  • ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。
  • ハスクバーナ、日本に導入する3モデルをメディア向けに公開 2018.3.14 自動車ニュース ハスクバーナが日本に導入する3台の最新モデル「ヴィットピレン701」「ヴィットピレン401」「スヴァルトピレン401」をメディア向けに公開した。無駄をそぎ落としたスタイリッシュでシンプルなデザインが特徴で、今春から今夏にかけての発売が予定されている。
ホームへ戻る