「MINI」に新顔3タイプ加わる

2006.01.13 自動車ニュース

「MINI」に新顔3タイプ加わる

BMWジャパンは、「MINI」に新しいバリエーション「Seven(セブン)」「Park Lane(パークレーン)」「Checkmate(チェックメイト)」を追加設定、2006年2月4日に発売する。

先の東京モーターショーに出品された、既に欧州で発売されている3タイプ。先代MINIに由来する名前と、個性的な内外装を与えられたグレードだ。

セブン(212万1000円〜254万1000円)は初代のルーツ「オースティン・セブン」から、パークレーン(258万3000円〜305万5500円)はオリジナルの豪華仕様車から、チェックメイト(260万4000円〜307万6500円)は1990年に発売されたスペシャル・エディションからのネーミングとなる。

(Clubpyme 有吉)

MINI:

「MINI」に新顔3タイプ加わるの画像

「Park Lane(パークレーン)」

「Park Lane(パークレーン)」

「Checkmate(チェックメイト)」

「Checkmate(チェックメイト)」

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーD 5ドア(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の中から、ロングボディーに3気筒ディーゼルを積んだ「クーパーD 5ドア」に試乗。MINIの中でも売れ筋と目されるこの組み合わせは、マニアをうならせる“特濃”なクルマに仕上がっていた。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • 最新「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」の発表会場から 2018.5.16 画像・写真 マイナーチェンジした「MINI 3ドア」「MINI 5ドア」「MINIコンバーチブル」が日本上陸。東京都内で発表会が開かれた。会場に並んだ3モデルを写真で紹介する。
  • 「マセラティ・グラントゥーリズモ」の最終モデル「ゼダ」発表 次期モデルは同ブランド初のピュアEVに 2019.11.12 自動車ニュース 伊マセラティは2019年11月11日(現地時間)、「グラントゥーリズモ」および「グランカブリオ」のモデナ工場での生産終了をアナウンスするとともに、最終生産を祝して誕生した「グラントゥーリズモ ゼダ」を公開した。
ホームへ戻る