第114回:メルセデスAMG C63 S(前編)

2015.08.21 水野和敏的視点

設計者のプライドとノウハウが宿る

「メルセデスAMG GT」(以下、GT)に搭載されている、あのトルクフルな4リッターV8ツインターボエンジンをCクラスのエンジンルームに押し込んだら、どんなスーパーセダンが誕生するか? それを実際に試みたのがメルセデスAMG C63(以下、C63)です。前回に続き、今回も最新のAMGをじっくりテストしていきます。

GTと同様に、C63にも標準型と、ハイパワー仕様の「S」が用意されています。今回テストするのは後者。最高出力は510psとGTと同じですが、最大トルクは71.4kgmと、GTの66.3kgmを上回っています。早速、このC63のアイデンティティーともいえる大排気量V8エンジンが、どのように搭載されているのか見てみましょう。

ボンネットを開けると、エンジンルームの中は一見したところ、びっちり詰まっています。しかし、これは実によく考えられています。

「V8+ツインターボのエンジンを、サイドメンバーの幅の中にどのようにして入れるのか?」とか、「ラジエーターなどの冷却系をどのようにして成立させるのか?」とか、「フロントエンドの重量増加を、どのようにして強度や剛性、または操縦安定性や乗り心地とバランスをさせるのか?」といったことが、最初のベース車の計画時点から考慮されていることがわかります。

ただし、ターボの配置と吸気系配管の取り回しなど、実際に成立させるための手段は、設計者自身のアイデアで対応しています。エンジニアもプライドを持ったいい仕事をしています。単なる設計基準や規格だけで対応し、部品を寄せ集めただけで造っている設計とは全く違います。C63のエンジンルームには、本当の意味での、設計者自身のプライドとノウハウが感じられるのです。


第114回:メルセデスAMG C63 S(前編)の画像 拡大

第114回:メルセデスAMG C63 S(前編)の画像 拡大
メルセデスAMG C63 S
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1840×1430mm/ホイールベース:2840mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/5500-6250rpm/最大トルク:71.4kgm/1750-4500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)265/35ZR19/車両本体価格:1325万円
メルセデスAMG C63 S
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4755×1840×1430mm/ホイールベース:2840mm/車重:1520kg/駆動方式:FR/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:510ps/5500-6250rpm/最大トルク:71.4kgm/1750-4500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)265/35ZR19/車両本体価格:1325万円
    拡大

第114回:メルセデスAMG C63 S(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
Cクラス セダン, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.11.23 試乗記 ライバルを突き放すべく、変更箇所が6500にも上るというマイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。今回のテスト車は1.5リッターターボエンジンにマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「C200アバンギャルド」。果たしてその出来栄えは!?
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
  • メルセデスAMG C63 S(FR/9AT)/AMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.17 試乗記 急速にラインナップを充実させつつある、メルセデスのハイパフォーマンスブランドAMG。その中核を占める2台のスーパーセダン「C63 S」「E63 S 4MATIC+」にサーキットでむちをあて、日常走行ではわからない実力に触れた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
ホームへ戻る