アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)

2016.07.21 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「アウディR8」。540psの5.2リッターV10自然吸気ユニットを搭載するアウディのスーパースポーツカーを、谷口はどう評価する?

ドライバーの意のままに

この企画が始まって以来、初めて箱根が晴れた! しかも今日はアウディR8の試乗が控えている。谷口信輝が新型「アウディA4」を大絶賛したのは記憶に新しいところ。同じく新着アウディの、しかもそのスーパースポーツモデルを谷口はどう評価するのか? 谷口の手でウオームアップを終えたR8の助手席に興味津々で乗り込んでみることにした。

「このチェッカードフラッグのマークがついたスイッチ、何ですか?」 乗り込んだ早々、運転席に腰掛ける谷口が尋ねてきた。ステアリングホイールの左側に見えるドライブセレクトの下側に取り付けられたこのボタンはパフォーマンスモードを選択するもので、ESPや電子制御油圧多板クラッチ式センターデフの動作モードを切り替えることができる。「ほー、そうですか。いや、さっきも試してみたんですが、これはサーキットで試したくなりますね」 そう答えた谷口はこのボタンを押し込むと、箱根のワインディングロードを再び疾走し始めたのである。

「いやね、このボタンを押すと、オーバーステアに転じるんですよ」 谷口がそういった直後、高速のライトハンダーで確かにR8はオーバーステアの姿勢をとった。しかも、そこは比較的勾配の強い登り坂。つまりリア荷重がしっかりかかっていて、本来であればそうになりにくいポイントである。

そのコーナーに進入してから谷口は徐々にスロットルペダルを踏み込んでいったところ、R8のリアは十分な接地感を残したまま、わずかにアウト側に流れていった。このとき、谷口は軽いカウンターステアをあてるのと同時に少しスロットルペダルを戻してリアの横グリップをスムーズに回復させ、そのまま何事もなかったかのようにワインディングロードを登り続けたのである。

 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像 拡大
 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像 拡大
 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像 拡大
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4426×1940×1240mm/ホイールベース:2650mm/車重:1670kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:540ps(397kW)/8250rpm/最大トルク:55.1kgm(540Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)295/35ZR19/車両本体価格:2456万円
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4426×1940×1240mm/ホイールベース:2650mm/車重:1670kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:540ps(397kW)/8250rpm/最大トルク:55.1kgm(540Nm)/6500rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 (後)295/35ZR19/車両本体価格:2456万円 拡大
 
アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
R8, アウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 世界に1台! 「The Audi R8 Star of Lucis」お披露目会の会場から 2016.11.18 画像・写真 2016年11月16日、「The Audi R8 Star of Lucis」のプレス向けお披露目会が行われた。この「アウディR8」の特別仕様車は、アウディ ジャパンと、スクウェア・エニックスのコラボにより製作されたモデルである。会場の様子をリポートする。
  • 第601回:来日したマーケティング担当者を直撃! アルピーヌのブランド戦略と今後の展開を問う 2019.11.7 エディターから一言 輸入車ブランドが大量撤退した2019年の東京モーターショーに、アルピーヌがあえて新規出展した理由とは? 新モデル「A110S」の特徴や、気になる今後のラインナップ展開などもあわせ、来日した同社マーケティング・ダイレクターのレジス・フリコテ氏に話を聞いた。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> まだ寝静まった早朝の都市を「アウディA5カブリオレ」で行く。ソフトトップを畳むと、頭上に冬の高く青い空が広がった。カブリオレでしか味わえない、心が解き放たれる瞬間だ。A5カブリオレで街を流せば、空がいつもと違って見えてくるだろう。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
ホームへ戻る