BMW i3(前編)

2016.08.25 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は当連載初の電気自動車(EV)である「BMW i3」。“駆けぬける歓び”の未来形を提案するプレミアムEVを、谷口はどう評価するのだろうか。

ドラテク不要のクルマ!?

谷口信輝が運転するBMW i3は箱根のワインディングロードをかなりのペースで駆け上がっていく。そのことは、助手席に腰掛ける私の全身に強い横Gがかかっていることからも明らかだが、このとき谷口は意外な言葉を口にした。
「これ、タイヤがへっぽこですね」
まさに一刀両断、まるで救いようのない言葉だ。

「それにアシの設定が微妙というか、いろんな制御が入りまくっていますね」
たとえば、どんな制御が入っているのか?
「あのー、ブレーキをチョイチョイってつまむヤツですよ」
どうやら、イン側の後輪などに軽い制動力を与えてヨーモーメントを作り出すトルクベクタリングのことを指しているようだ。

「あとはパワー制御も結構入ってきますよね。だからクルマの運動性能は全部クルマの“管理”で決まっているっていう感じ。おかげで、ほら、ここもアクセル踏みっぱなしでいけちゃうでしょ。いま、バンプで底付きみたいになった拍子に(スタビリティーコントロールの作動を伝える)警告灯がピカピカ光りましたけど、結構、いろんな制御が介入してきて、でも結果的にそのままいけちゃいますよね。だから、あんまりドライビングテクニックとか要らない感じですね」

谷口の低いテンションにこちらまで意気消沈しそうになったが、i3は生産技術、ボディー構造、レイアウト、さらには操作系にいたるまで、BMWの次世代エコカーに対する考え方がギッシリと詰まったクルマ。だから、さっと運転席に乗り込んで走り始めただけの谷口にはまだ理解してもらえていないことがたくさんあるはず。試乗を終えたらその辺の説明をしっかりしようと、このとき私は心に決めた。

 
BMW i3(前編)の画像 拡大
 
BMW i3(前編)の画像 拡大
 
BMW i3(前編)の画像 拡大
BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm/ホイールベース:2570mm/車重:1390kg/駆動方式:RR/モーター:交流同期モーター/エンジン:0.65リッター直2 DOHC 8バルブ(発電用)/モーター最高出力:170ps(125kW)/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/エンジン最高出力:38ps(28kW)/5000rpm/エンジン最大トルク:5.7kgm(56Nm)/4500rpm/タイヤ:(前)155/70R19 84Q (後)175/60R19 86Q/価格:546万円
BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4010×1775×1550mm/ホイールベース:2570mm/車重:1390kg/駆動方式:RR/モーター:交流同期モーター/エンジン:0.65リッター直2 DOHC 8バルブ(発電用)/モーター最高出力:170ps(125kW)/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/エンジン最高出力:38ps(28kW)/5000rpm/エンジン最大トルク:5.7kgm(56Nm)/4500rpm/タイヤ:(前)155/70R19 84Q (後)175/60R19 86Q/価格:546万円 拡大
 
BMW i3(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
i3, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 大容量の新型バッテリーを搭載した「BMW i3」発売 2019.2.6 自動車ニュース BMWジャパンは2019年2月6日、電気自動車「BMW i3」に新型のリチウムイオンバッテリーを搭載し、同日に販売を開始した。総電力量は33kWhから42kWhに増加し、「レンジ・エクステンダー装備車」では最大航続距離466kmを達成している。
  • TOYOTA GAZOO Racingが「GRヤリス」の発表を予告 2019.11.7 自動車ニュース TOYOTA GAZOO Racingは2019年11月6日、公式ツイッターにおいて同年11月17日に「GRヤリス」のプロトタイプモデルを世界初公開することを明らかにした。公開された画像の背景には「GR-4」という意味深な文字列が書かれている。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
ホームへ戻る