第2回:日本の道との相性は?
「キャデラックATSセダン」街乗りインプレッション

2016.10.26 キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>
シャープなデザインをまとう「ATSセダン」には、都会の景色がよく似合う。
シャープなデザインをまとう「ATSセダン」には、都会の景色がよく似合う。 拡大

コンパクトなラグジュアリースポーツをうたう「キャデラックATSセダン」とは、どんなクルマなのだろうか? 今回は、都心の道を中心にドライブ。その印象を報告する。

「アート&サイエンス」をテーマにデザインされた「ATSセダン」のエクステリア。優れた空力性能もセリングポイントとなっている。
「アート&サイエンス」をテーマにデザインされた「ATSセダン」のエクステリア。優れた空力性能もセリングポイントとなっている。 拡大
縦型のLED式リアランプは「ATSセダン」の個性的なディテールのひとつ。
縦型のLED式リアランプは「ATSセダン」の個性的なディテールのひとつ。 拡大
本物の素材にこだわったというインテリア。カラーは、テスト車のベージュ系のほかに、黒基調のものや黒と赤のツートーンが選択できる。
本物の素材にこだわったというインテリア。カラーは、テスト車のベージュ系のほかに、黒基調のものや黒と赤のツートーンが選択できる。 拡大
鮮やかなブルーが印象的なメーターパネル。ヘッドアップディスプレイも備わる。
鮮やかなブルーが印象的なメーターパネル。ヘッドアップディスプレイも備わる。 拡大
「ATSセダン」は、2グレードともにレザーシートが装着される。シフトパドルはマグネシウム製。
「ATSセダン」は、2グレードともにレザーシートが装着される。シフトパドルはマグネシウム製。 拡大

なかなかの存在感

「カッコいいっスね……何てクルマっスか?」

ATSセダンを洗車してもらいに、いつものガソリンスタンドに寄ったところ、お店のスタッフはすっかり興味津々の様子。キャデラックであることを告げると、「へぇー!」と目を丸くした。

でも、奥で給油しているお客さんや歩道の通行人がチラチラこちらを見ているのは、彼の大げさなリアクションが理由ではないらしい。

なんたって、エッジのきいたATSセダンは目立つ。「ワイド感」や「押しの強さ」を前面に押し出す多くのクルマと違って、ATSの姿からは彫刻を思わせる凝縮感や、凛(りん)とした気品が伝わってくる。

縦一直線の前後ランプも、その引き締め効果に一役買っているかもしれない。実際のボディーサイズは、全長4680×全幅1805×全高1415mm。試しにDセグメントの代表格「BMW 3シリーズ」と比べてみると、わずかに長くて(+35mm)ちょっとだけ幅がある(+5mm)のだけれど、むしろ小さく、扱いやすそうに見える。

前述のスタッフに言わせれば、「ゴージャスで大きなアメリカ車」というのが、長年抱いてきた“キャデラック像”らしい。ATSはコンパクトであること自体が驚きだそうだが、豪華さにかけては、彼も納得するのではないだろうか。

明るい茶系の革内装は、アイボリーとベージュのツートンカラーにダークなウッドを組み合わせ、ベージュのスエードもあしらうという凝りよう。同系・異素材のコンビネーションが美しい。かなり太めの革巻きステアリングホイールに手を掛ければ、その奥にあるシフトパドルが本物のメタルであること気付いて、ハッとさせられる。さすがキャディ。抜かりないっスね。
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】NEW 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
ホームへ戻る