第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
おデブなMINIってアリなのか?

2017.05.02 カーマニア人間国宝への道

最新ディーゼルのお勉強

これまで1年近くにわたってディーゼルエンジンについてダラダラと書いてきたが、「そろそろ総括したらどうか」という編集部の追い込みにあい、最新のディーゼルモデル4台に一度に乗ることができました。

●MINIクーパーSD クロスオーバーALL4/483万円
●プジョー308SW GT BlueHDi/378万8000円
●メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ/775万円
●メルセデス・ベンツS300h エクスクルーシブ/1283万円

価格を見ると、「5年以内に中古で」ぐらいに考えても、メルセデスの2台は到底ムリ。つまり私の守備範囲ではないが、頂点を知らなければ底辺も語れないという法則に従い、乗らせていただきました。

まず乗ったのは「MINIクロスオーバー」。その頂点モデルである「クーパーSD」の四駆だ。エンジンは「BMW 320d」などでおなじみの2リッター190ps、トルク400Nm。こりゃスゲエ。

見た目はまさにキープコンセプト。いやこれはキープコンセプトっていうんじゃないね。サザエさんの顔の経年変化とかそんな感じ。サイズはぐっと大きくなっているが、クロスオーバーはもともとデブだったので、そっちもあまり感じない。

今回はコンパクトカーにワゴン、SUVやセダンといった、スタイルや価格も違うディーゼル車4台に試乗した。
今回はコンパクトカーにワゴン、SUVやセダンといった、スタイルや価格も違うディーゼル車4台に試乗した。拡大
クリーンディーゼルエンジン搭載車は2014年にMINIとして初めてラインナップされた。
クリーンディーゼルエンジン搭載車は2014年にMINIとして初めてラインナップされた。拡大
「MINIクロスオーバー」は、2017年2月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目となった。
「MINIクロスオーバー」は、2017年2月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目となった。拡大
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」が搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」が搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る