ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売

2018.01.17 自動車ニュース
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」
「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8エンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。英国での車両価格は15万ポンド(約2280万円)から。ジャガー・ランドローバー・ジャパンによれば、日本市場への輸入および販売の予定はない。

 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大
 
ランドローバー、405psの「ディフェンダー」を150台限定発売の画像拡大

2016年1月に生産終了したランドローバー・ディフェンダーが限定車としてよみがえる。今回発表されたディフェンダー ワークスV8には405psと515Nmを生み出す5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンが搭載されており、0-60mph(約97km/h)加速を5.6秒でこなす。最高速は106mph(約171km/h。リミッター作動)。

トランスミッションはスポーツモードを備えたZF製の8段ATで、ブレーキは強化されており、ハンドリングキット(スプリング、ダンパー、アンチロールバー)が組み込まれている。タイヤサイズは265/65R18。オールテレインタイヤが装着されている。

ホイールベースは、モデル名で「90」と呼ばれるショートタイプと、「110」と呼ばれるロングタイプが用意される。また今後、ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジン搭載車を加える予定もあるという。

(Clubpyme)

◆「ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
ディフェンダー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディフェンダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXFスポーツブレイク プレステージD180(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.27 試乗記 ジャガーにとって久々となるステーションワゴン「XFスポーツブレイク」に、2リッターディーゼルエンジンと4WDを組み合わせた新モデルが登場。流麗な英国製ワゴンとディーゼル四駆の組み合わせやいかに? その出来栄えを確かめた。
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.9.23 試乗記 大ヒットモデル「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に進化した。今回、連れ出したのはコンパクトなハイブリッド機構を備えたガソリンモデルのトップグレード「R-DYNAMIC HSE P300 MHEV」。初代からの進化のほどと電動化されたパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
ホームへ戻る