ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場

2018.01.26 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー トラックホーク」
「ジープ・グランドチェロキー トラックホーク」拡大

FCAジャパンは2018年1月25日、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に、新たなトップグレードとなる「Trackhawk(トラックホーク)」を追加設定し、受注を開始した。

 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大
 
ジープ史上最速の「グランドチェロキー トラックホーク」登場の画像拡大

最高出力は707hp、最大トルクは875Nm

グランドチェロキー トラックホークは、オフロード性能に加えて、サーキットでの走行性能も追求したハイパフォーマンスSUVである。ジープ史上最速であることがうたわれている。

そのパワーユニットは、最高出力707hpと最大トルク875Nmを発生する6.2リッターV8スーパーチャージャー付きエンジン。8段ATを介して4輪を駆動し、動力性能は、0-60mph(約97km/h)加速が3.5秒、最高速度が180mph(約290km/h)と公表される。

足まわりには、フロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボ製ブレーキキャリパー(イエロー塗装)と大径ブレーキディスク、ビルシュタイン製の可変減衰力機能付きサスペンションが装着される。

エクステリアでは、大開口タイプのフロントバンパーやリップスポイラーなどにより、高性能モデルとしての存在感を主張。一方、インテリアでは標準のスエード・ナッパレザーシートに加えて、ラグーナレザーシート(64万8000円のオプション)も設定される。さらに、インフォテインメントシステムとして、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応した第4世代の「Uconnect」車載情報システムも備えている。

ボディーカラーは「ビレットシルバーメタリックC/C」や「ブライトホワイトC/C」など、全9色が設定される。

価格は1230万円。

(Clubpyme)

 

関連キーワード:
グランドチェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ グランドチェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る