クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ハーレーダビッドソン・ロードキングスペシャル(MR/6MT)

比類なき巨人 2018.02.17 試乗記 今日のハーレーを支える新世代エンジン「ミルウォーキーエイト」と、ラインナップ中随一の歴史を誇るツーリングファミリーのシャシーが織り成す走りとは? メッキを排したダークなカラーリングが特徴のカスタムモデル「ロードキングスペシャル」で試した。

ビッグツインならではの鼓動感

「ハーレー良くなりましたよね。よく走るし鼓動感もあって楽しい」なんていう話を数名のバイク好きなカメラマンやジャーナリストから聞いた。彼らが言っているのは2016年に一新されたビッグツインエンジンを搭載したモデルのことだ。

ハーレーのエンジンにはいくつかのバリエーションがある。その中の主流がビッグツイン。OHV 1745ccの「ミルウォーキーエイト107」だ。クラシカルな外観のこのエンジンは、最新のテクノロジーによって高い環境性能と動力性能を両立するだけでなく、Vツインのフィーリングも考慮して設計されている。今回試乗したロードキングは、クラシカルなデザインの車体にこの最新Vツインエンジンを搭載したモデルである。

Vツインの不等間隔な爆発、長いストロークと重いクランクシャフトによって、アイドリングでは独特の車体をゆらすような鼓動感が生まれる。機械でありながら、鉄の“馬”を感じる時だ。スタートは回転を上げずにクラッチミートし、足りなくなったトルクをスロットルで補うようにする。低い回転のまま音圧があがって、低く腹に響くような排気音と鼓動感とともに車体が加速していく。こういう走り方が自然にできるようになったらハーレーを走らせるのががぜん楽しくなる。信号からのスタートのたびに幸せな気持ちになるだろう。

1745ccもあるから当然トルクはあるのだけれど、スロットルを開けた瞬間、柔らかく車体を押し出してくれるのもこのエンジンの特徴。そのままスロットルを開ければ、1回1回の爆発で路面を蹴っていくような素晴らしい加速をみせてくれる。驚いたのは高回転。こんなに排気量が大きなVツインでありながら、回転が上がると回り方がシャープになってレブリミッターが作動するまで一気に吹け上がっていく。

今回試乗した「ロードキングスペシャル」。“ツーリングファミリー”の「ロードキング」をベースに、各部をブラックアウトしたカスタムモデルである。
今回試乗した「ロードキングスペシャル」。“ツーリングファミリー”の「ロードキング」をベースに、各部をブラックアウトしたカスタムモデルである。拡大
「ロードキングスペシャル」に搭載されるV型2気筒エンジンの「ミルウォーキーエイト」。ハーレーにとっては9世代目の大排気量Vツインとなる。
「ロードキングスペシャル」に搭載されるV型2気筒エンジンの「ミルウォーキーエイト」。ハーレーにとっては9世代目の大排気量Vツインとなる。拡大
エンジンの左右に備わるラジエーター。「ミルウォーキーエイト」は基本的に空冷でありながら、排気バルブまわりはオイルで冷やすユニークな冷却機構を持っている。
エンジンの左右に備わるラジエーター。「ミルウォーキーエイト」は基本的に空冷でありながら、排気バルブまわりはオイルで冷やすユニークな冷却機構を持っている。拡大
「107」(1745cc)と「114」(1868cc)の2種類の排気量が用意される「ミルウォーキーエイト」。「ロードキングスペシャル」に設定されるのは107のみとなっている。
「107」(1745cc)と「114」(1868cc)の2種類の排気量が用意される「ミルウォーキーエイト」。「ロードキングスペシャル」に設定されるのは107のみとなっている。拡大
ウインドスクリーンの撤去などにより、ベース車よりは若干軽くなった「ロードキングスペシャル」だが、その車重は372kgと、十分に重量級だ。
ウインドスクリーンの撤去などにより、ベース車よりは若干軽くなった「ロードキングスペシャル」だが、その車重は372kgと、十分に重量級だ。拡大
ホイールは前が19インチ、後ろが18インチと、前後ともに「ロードキング」から2インチサイズアップ。リムの縁まで伸びた、スポークのデザインが目を引く。
ホイールは前が19インチ、後ろが18インチと、前後ともに「ロードキング」から2インチサイズアップ。リムの縁まで伸びた、スポークのデザインが目を引く。拡大
ブラックのマフラーと2つのサドルバッグが目を引くリアまわり。リアダンパーには手動式の調整機構が備わるが、そもそもストローク自体が小さく、路面からの突き上げが気になる時があった。
ブラックのマフラーと2つのサドルバッグが目を引くリアまわり。リアダンパーには手動式の調整機構が備わるが、そもそもストローク自体が小さく、路面からの突き上げが気になる時があった。拡大
カラーリングはテスト車の「オリーブゴールド」を含む4色から選択可能。コンソールの中央には、美しいスピニングの装飾が施されていた。
カラーリングはテスト車の「オリーブゴールド」を含む4色から選択可能。コンソールの中央には、美しいスピニングの装飾が施されていた。拡大

予想外にスポーティーなハンドリング

もう一つ、ロードキングで予想外に素晴らしいのはハンドリングだ。重さがあるからどっしりとしている。バンクさせるとステアリングがワンテンポ遅れてからインに切れていってバランスし、旋回が始まる。この“タメ”があるから安定しているのだけれど、動き自体は軽快。恐る恐る乗っていないで決めたバンク角までスピーディーに傾ける。そして中途半端なスロットルワークはせずに向きが変わったらスロットルを大きく開けて車体を起こしながら加速していく。そんな走り方をしたら大きな車体を意のままに操ることができるようになる。

この安定した車体とエンジン特性なら、慣れてくるとそれが簡単にできるようになる。そして、ストリートを普通に走っているだけでも、大きな車体を操る楽しさを味わうことができるのもビッグツインの素晴らしいところ。公道ではその性能を到底使い切れないスポーツバイクに比べたら、ロードキングの方がよほどライディングを楽しめる。

気になったのはリアショック。普段は乗り心地も良いのだけれど、ストローク自体が少ないから、大きめのギャップがあるとちょっとお尻が突き上げられる。都内の幹線道路の段差でも「ウッ」と声が出てしまう時があるくらい。ハンドル幅が大きいためにフルロックさせようとすると手が届かなくなるのもちょっと考えもの。排気音や鼓動感は素晴らしいのだけれど80km/hを超えたあたりからライダーに排気音が聞こえなくなってしまうのはちょっと残念。最近のバイクは走行時の排気音も相当に研究されているのだけれど、ハーレーこそこういう官能性能的な部分に気を使ってほしいというのが正直なところ。

と、いくつか気になるところはあるものの、このマシンの走りと存在感は唯一無二。多少のことで色あせることはない。この美しいバイクにまたがってVツインエンジンの排気音を聞きながら走りだした瞬間、細かいことはどうでも良くなる。そんなところがロードキング最大の魅力なのである。

(文=後藤 武/写真=三浦孝明/編集=堀田剛資)

 
ハーレーダビッドソン・ロードキングスペシャル(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大
 
ハーレーダビッドソン・ロードキングスペシャル(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2420×--×--mm
ホイールベース:1625mm
シート高:695mm
重量:372kg
エンジン:1745cc 空冷4ストロークV型2気筒 OHV 4バルブ
最高出力:--ps(--kW)/--rpm
最大トルク:150Nm(15.3kgm)/3250rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:312万3000円

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事
surrogate meaning

anabolic-steroid.net

farmaciarabel.com

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。