キャデラックの3車種、仕様と価格が変更に

2018.02.20 自動車ニュース
「キャデラックATSセダン プレミアム」
「キャデラックATSセダン プレミアム」拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2018年2月20日、キャデラックブランドの「ATSセダン」「CTSセダン」「エスカレード」の一部仕様変更を行うとともに価格改定を実施し、同年2月21日に発売すると発表した。

「CTSセダン プレミアム」
「CTSセダン プレミアム」拡大
「エスカレード プラチナム」
「エスカレード プラチナム」拡大

今回の改良では、ボディーカラーとインテリアカラーの組み合わせが見直された。エスカレードについては、ボディーカラーに「サテンスティールメタリック」が、インテリアカラーに「シェール/ジェットブラックアクセント」と「メープルシュガー/ジェットブラックアクセント」がそれぞれ追加されている。

ATSセダンとCTSセダンについては、ナビゲーションシステムをオプション設定としたほか、オートマチックシートヒーターに連動して機能するオートマチックヒーテッドステアリングを新たに搭載。インフォテインメントシステム「キャデラックユーザーエクスペリエンス」のデータ処理速度も高められている。

エスカレードは、アダプティブクルーズコントロールの前方車両追尾機能と自動減速機能のキャンセルが可能となった。また、コンソールボックスやシートメモリースイッチの使い勝手の向上が図られている。

ラインナップと新価格は以下の通り。

  • ATSセダン プレミアム:534万6000円(ナビ非搭載)/569万7000円(ナビ搭載)
  • CTSセダン プレミアム:710万6400円(ナビ非搭載)/745万7400円(ナビ搭載)
  • エスカレード プレミアム:1260万9000円
  • エスカレード プラチナム:1360万8000円

(Clubpyme)

関連キーワード:
ATSセダン, CTSセダン, エスカレード, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック ATSセダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から 2018.4.26 画像・写真 「YOUR LIFE, AND XT5 @ CADDILAC PLACE」の会場から、キャデラックの最新モデル「XT5クロスオーバー」と、日本に5台しかない希少な特別限定車「ATS-Vベクターブルースペシャル」の姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 2019ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2019.10.1 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカーのモータースポーツ活動やアフターパーツの開発を担う4つの“ワークス”が合同試乗会を開催。まずはTRDが手がけた「スープラ」と「プリウス」、STIの用品を装着した「フォレスター」と「インプレッサスポーツ」の走りを報告する。
ホームへ戻る