【ジュネーブショー2018】マセラティの3モデルに“黒”がテーマの新オプション登場

2018.03.08 自動車ニュース
新オプション「ネリッシモエディション」が採用された「マセラティ・ギブリ」。
新オプション「ネリッシモエディション」が採用された「マセラティ・ギブリ」。拡大

伊マセラティは2018年3月6日、第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月18日まで)において、「ギブリ」「クアトロポルテ」「レヴァンテ」の新オプション「ネリッシモエディション」を発表した。日本導入は同年5月を予定している。

「クアトロポルテ」
「クアトロポルテ」拡大
「レヴァンテ」
「レヴァンテ」拡大
いずれのモデルでも、アルミホイールは複数のアイテムから選択可能となっている。
いずれのモデルでも、アルミホイールは複数のアイテムから選択可能となっている。拡大
ジュネーブショーのブースに展示された、3台の「ネリッシモエディション」。
ジュネーブショーのブースに展示された、3台の「ネリッシモエディション」。拡大

セダンとSUVの3モデルに新オプションとして設定

ネリッシモエディションは各モデルの上級グレード「グランスポーツ」に設定されるオプションで、ブラックで統一されたエクステリアのコーディネートが特徴となっている。

ボディーカラーは深みのあるブラックとし、グリルフレーム上部とトライデントロゴ、サイドエアベントフレーム、ブーツ、そしてCピラーとリアのバッジにはいずれもブラッククロームを採用。フロントグリルのバーや、ドアハンドル、エキゾーストパイプ、ウィンドウフレームもブラックで仕上げている。

さらに、ギブリとクアトロポルテではLEDヘッドライトもダークカラールックとなるのに加え、足元には、やはりブラック仕上げの20インチホイール「ウラーノ」または21インチホイール「トロフェオ」が採用される。

一方レヴァンテでは、既述のないように加えて前後のアンダーボディープロテクションやブラックフォグライトリングなどのオプションも設定。足元の仕様については、ブラック仕上げの20インチホイール「ネレオ」、同じく20インチホイールの「エフェスト」、21インチホイール「アンテオ」の3種類から選択可能としている。

このほかにも、ギブリのインテリアにはヒーティング機能付きのスポーツシートやスポーツステアリングホイール、ダークミラー仕上げのインテリアトリムを採用。オプションで、ブラックピアノまたはカーボンファイバーのトリム、プライバシーガラス、電動式リアブラインドも用意している。

(Clubpyme)

関連キーワード:
ギブリ, レヴァンテ, クアトロポルテ, マセラティ, ジュネーブモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・ギブリ ディーゼル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.4 試乗記 「マセラティ・ギブリ」の最新モデルとして、この春、ラインナップに加わった「ギブリ ディーゼル」に試乗した。3リッターV6ディーゼルユニットは、モデナの名門にふさわしいマナーと走りを披露するのだろうか。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • マセラティ2018年モデル メディア発表会の会場から 2017.11.7 画像・写真 マセラティ ジャパンは2017年11月7日、東京・六本木のグランドハイアット東京で、マセラティ各車の2018年モデルをお披露目した。イベントの様子や会場に並んだ車両の姿を写真でリポートする。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
ホームへ戻る