「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車

2018.05.22 自動車ニュース
「フィアット500C 60th」
「フィアット500C 60th」拡大

FCAジャパンは2018年5月21日、「フィアット500C」に特別仕様車「60th(シクスティース)」を設定し、50台の台数限定で発売した。

 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大
 
「フィアット500C」に“Nuova 500”の誕生60周年を記念した限定車の画像拡大

今回の500C 60thは、「Nuova 500」(2代目「フィアット500」)の誕生60周年を記念して設定された限定車である。1.2リッター直4エンジン(最高出力69ps/最大トルク102Nm)を搭載する「1.2ラウンジ」をベースに、専用のドレスアップが施されている。

ボディーカラーはアイボリーとアイスホワイトの2トーンを採用。フィアットでは「ビコローレ」(2色の意味)と呼ぶ、ボディーの上下を塗り分けるカラースキームは、カタログモデルには設定のないもので、Nuova 500の誕生以前からフィアットが採用してきた伝統的なものであるという。

このほかエクステリアには、エンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイール、往年の「FIAT」エンブレムをモチーフとしたビンテージロゴマーク、「60」の文字をあしらったBピラーのロゴなどが備わる。

ビンテージとモダンを調和させたというインテリアは、アイボリーとボルドーでコーディネート。フル液晶メータークラスターも、カタログモデルには設定のない装備だ。

特別装備の内容は以下の通り。

  • ビコローレ、ビューティーライン(サイド)
  • クロームライン(エンジンフード)
  • クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
  • 「FIAT」ビンテージロゴ(フロント/リア/ステアリングホイール)
  • 60thロゴ(Bピラー)
  • 16インチアルミホイール
  • ボルドーシートパイピング
  • ボルドーインストゥルメントパネル
  • フロアマット
  • キックプレート
  • TFTメータークラスター

価格は284万0400円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • 第146回:それでもやっぱりシトロエン 2019.10.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第146回は「それでもやっぱりシトロエン」。シトロエンの創業100周年記念イベントに、愛車の「DS3」で参加。憧れの名車「DS」や「エグザンティア」「C5」といった過去の愛車を前に、筆者が痛感したこととは?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
ホームへ戻る