「三菱eKシリーズ」の予防安全性能がレベルアップ

2018.05.28 自動車ニュース
「eKスペース アクティブギア」
「eKスペース アクティブギア」拡大

三菱自動車は2018年5月28日、予防安全性能を向上させた軽乗用車「eKワゴン」「eKカスタム」「eKスペース」を発表。新たに設定した特別仕様車「eKスペース アクティブギア」とともに、同日発売した。

「eKスペース アクティブギア」のインテリア。
「eKスペース アクティブギア」のインテリア。拡大
 
「三菱eKシリーズ」の予防安全性能がレベルアップの画像拡大

今回、「衝突被害軽減ブレーキシステム」の機能向上に加え、従来の誤発進抑制機能に歩行者対応(前進時)を追加した「踏み間違い衝突防止アシスト」を全車に標準装備とした。さらに、「車線逸脱警報システム」を新たに設定するなどして予防安全技術「e-Assist」を強化。「サポカーSワイド」または「サポカーSベーシック+」の該当車種となった。

あわせて「eKスペース」に、オレンジ色をアクセントカラーとした「アクティブギア」を新たに設定した。eKスペース アクティブギアでは、フロントグリルのラインやドアミラーをオレンジ色でドレスアップ。エクステリアの要所に専用デカールを装着し、ステアリングホイールにはオレンジ色のステッチを施すなど、アウトドア用品の“ギア感”が表現されている。

ボディーカラーは、ホワイトパール×ブラックマイカ、チタニウムグレーメタリック×ブラックマイカ、モノトーンのブラックマイカの3色展開。

そのほか、ステアリングオーディオリモコンスイッチやリアスピーカーなどを標準装備し、専用ワイド2DINナビゲーションも付与した上でベースモデルから価格を据え置きとした特別仕様車「eKシリーズ プラスエディション」も設定されている。

ラインナップと価格帯は、以下の通り。

  • eKワゴン:110万9160円~158万0040円
  • eKカスタム:151万2000円~170万1000円
  • eKスペース:131万7600円~197万7480円
  • eKカスタム アクティブギア:170万2080円~180万9000円
  • eKスペース アクティブギア:197万8560円~208万5480円
  • eKワゴン プラスエディション:122万0400円~152万0640円
  • eKカスタム プラスエディション:159万4080円~170万1000円
  • eKスペース プラスエディション:151万4160円~197万7480円

(Clubpyme)

関連キーワード:
eKスペース, eKワゴン, eKカスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKスペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 第37回:三菱eKクロス(前編) 2019.6.19 カーデザイナー明照寺彰の直言 三菱最新のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の採用により、当代きっての“ド迫力マスク”を手に入れた「三菱eKクロス」。そのデザインのキモに、兄弟車「日産デイズ」や同門のミニバン「三菱デリカD:5」との比較を通して迫る。
  • 「ホンダN-BOX」の牙城を崩せるのか
    新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン」の可能性は?
    2019.3.28 デイリーコラム パワートレインやプラットフォームを刷新したほか、先進安全装備も大幅に強化して登場した新型「日産デイズ」と「三菱eKワゴン/eKクロス」。王者「ホンダN-BOX」が君臨するマーケットで、果たして存在感を発揮することはできるのだろうか。
ホームへ戻る