「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車

2018.06.01 自動車ニュース
「日産リーフX 10万台記念車」
「日産リーフX 10万台記念車」拡大

日産自動車は2018年6月1日、電気自動車(EV)「リーフ」に特別仕様車「X 10万台記念車」を設定し、販売を開始した。

 
「日産リーフ」に国内累計販売10万台を記念した特別仕様車の画像拡大

日産リーフは、世界初の量産型EVとして2010年12月に登場。2017年10月のフルモデルチェンジを経て、これまでにグローバルで累計32万5000台以上が販売されている。

今回のX 10万台記念車は、その名の通り、国内での累計販売台数が10万台を超えたことを記念したもの。安全運転支援システム「プロパイロット」などを標準装備としながら、ベース車(中間グレードの「X」)からの価格上昇を抑えた、お得な価格設定としている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • プロパイロット
  • ステアリングスイッチ(メーター/ディスプレイコントロール、オーディオ、ハンズフリーフォン、プロパイロット)
  • 電動パーキングブレーキ
  • 215/50R17 91Vタイヤ
  • 17インチアルミホイール(17×6.5J)
  • フロント&バックソナー
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • BSW(後側方車両検知警報)
  • RCTA(後退時車両検知警報)
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
  • LEDヘッドランプ(オートレベライザー、シグネチャーランプ付き)

価格はベース車から19万4400円アップの370万7640円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 電気自動車(EV), 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUV 2019.11.5 自動車ニュース トヨタが5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ライズ」を発売。「ダイハツ・ロッキー」のOEMモデルにあたり、全長4mを切る取り回しのしやすいボディーや、十分な広さを備えた車内空間が特徴。新開発のプラットフォームにより質の高い走りが追求されている。
ホームへ戻る