HDDナビを標準装備、「ボルボV40」にお得な特別仕様車

2018.07.19 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2018年7月19日、「V40」に特別仕様車「D4ナビエディション」を設定し、200台限定で同日販売を開始した。

V40 D4ナビエディションは、ディーゼルエンジンを搭載した「V40 D4キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステムやボルボ純正ドライブレコーダーを標準で採用するなど、装備を充実させた特別仕様車である。合計で36万円相当のアクセサリー、オプションを特別装備しながら、価格はベースモデルから10万円のアップで抑えているという。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • HDDナビゲーションシステム、VICS3
  • PCC(パーソナル・カー・コミュニケーター)- キーレスドライブ
  • ボルボ・ガードシステム(インテリア・ムーブメント・センサー付き)/グローブボックス・ロックシリンダー
  • ボルボ純正ドライブレコーダー

ボディーカラーは「ブラック」「パッションレッド」「アイスホワイト」「アマゾンブルー」の4色。価格は379万円。

また、ボルボでは今回の特別仕様車発売と同時に、V40のカタログモデルについても価格を改定。ディーゼルモデルに、以下の新価格を適用した。

  • V40 D4キネティック:369万円
  • V40 D4モメンタム:414万円
  • V40 D4インスクリプション:444万円
  • V40クロスカントリーD4キネティック:384万円
  • V40クロスカントリーD4モメンタム:429万円
  • V40クロスカントリーD4サマム:459万円

(Clubpyme)
 

「ボルボV40 D4ナビエディション」
「ボルボV40 D4ナビエディション」拡大

関連キーワード:
V40, V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第2回:実力検証! 「ボルボV40 T3」 2018.4.12 ボルボV40 解体新書 ボルボのコンパクトハッチバック「V40」には、ユーザーのニーズを踏まえたさまざまなモデルがラインナップされている。今回はその中から、ガソリンエンジン搭載車の「T3モメンタム」をピックアップ。装備の内容や走りの質を検証した。
  • 第2回:どこが変わった? 2015の「T4 SE」 2014.12.29 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) 2013年のデビュー以来、好調なセールスが伝えられる「ボルボV40」。最新2015年モデルには、さらなる商品力強化のためのリファインが施されたという。その変化のほどを、仕様変更前の「V40 T4」オーナーである自動車評論家 国沢光宏がチェックした。
  • 第8回:プロに聞く「V40」のデザイン 2015.2.4 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT) ボルボの人気モデル「V40」は、そのスポーティーなスタイリングもセリングポイントとされている。では、そんな北欧生まれのハッチバックを、デザインのプロはどう評価するのだろうか? 日本を代表するプロダクトデザイナー深澤直人氏に聞いた。
ホームへ戻る