ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)

2018.08.02 谷口信輝の新車試乗 ピュアスポーツカー「Fタイプ」と共通のディテールが与えられた、ジャガーのSUV「Eペース」。そのルックスや居住性に対して谷口信輝はどんな印象をいだいたのか、率直な感想をお伝えする。

ひと工夫で美人になれる

走りの質をチェックした前編は、やや厳しい内容となった谷口信輝の「ジャガーEペース」評。後編では、そのデザインやスペースユーティリティーなどについて話を聞こう。

「うーん、ちょっと殺風景じゃないですか」

ダッシュボード周辺を眺めながら、谷口はそう語った。「どこか間が抜けているというか、なにかが足りないというか。なんか、最近デビューしたクルマとは思えないですね」

いやいや、Eペースはジャガーの新作、2018年になってから国内デビューを果たしたばかりのニューモデルである。とはいえ、谷口が言いたいこともわからなくはない。特に助手席正面のグローブボックス周りには何かしらのアクセントがあってもいいだろう。

これもまた私の経験談ながら、以前試乗した赤と黒の2トーンインテリアは色合いのコントラストも明快で実にスタイリッシュに思えた。また、試乗車の「R-DYNAMIC SE」よりもうひとつ上の「R-DYNAMIC HSE」というグレードであればシートに用いられているレザーの手触りもソフトで質感は高い。いずれにせよ、最近ジャガーはエクステリアやインテリアのカラー、素材、装備などを自分好みにチョイスできるカスタマイズ(パーソナライゼーション)にも力を入れているので、この辺の印象はオーダー次第で大きく変化する可能性があることを付け加えておきたい。

続いてエクステリアデザインについて語ってもらった。
「うーんと、もうちょっと格好よくしたいかな」

 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大

ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円


	ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円
	拡大

関連キーワード:
Eペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.10.21 試乗記 欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、Clubpymeほったが激論を交わす。
  • 第40回:ジャガーIペース(前編) 2019.7.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る