第102回:草の根ドリフト業界にもインバウンドの波

2018.09.11 カーマニア人間国宝への道

ドリフト祭りが熱い!

9年ぶりに再会した、モテないカーマニア仲間にしてハチロクマニアの“クマ”は、40代でツレをゲットし、かつドリフトの人になっていた。そのドリフトライフとは。

クマ(以下 ク):ついこの間も、エビスサーキットのドリフト祭りに行ってましたよ。

清水(以下 清):わっ、エビスサーキット、懐かしい! 最近の動向、サッパリ知らないんだけど、相変わらずなの?

ク:相変わらずドリフトの聖地です。

実はかく言う私、15年ほど前にエビスサーキットの“ドリ小屋”なるドリフト特訓合宿に参加した経験がある。あの特訓のおかげで、多少はドリフトができるようになり、その後「360モデナ」や「458イタリア」で定常円旋回をなんとかこなして、フェラーリ乗りとして一つの頂点に達することができた(断言)。ありがとうエビスサーキット。

清:そうなんだ! スゲェな~。で、ドリフト祭りってどんな祭り?

ク:年に3回、32時間1万5000円で、ドリフトし放題っていう祭りです。

清:おみこしとかは出ないの?

ク:ないです。エビスはコースが7つあるんですけど、ドリフト祭りの時はどこでも走り放題なので、とにかくみんなドリフトしまくるんです。最近は外国人も多いですよ。

元カメラマンでハチロクマニアの“クマ”。
元カメラマンでハチロクマニアの“クマ”。拡大
筆者がエビスサーキットのくるくるランドにて、「360モデナ」で定常円旋回を練習する様子。
筆者がエビスサーキットのくるくるランドにて、「360モデナ」で定常円旋回を練習する様子。拡大
ドリフト祭りは年に3回、春と夏、秋に行われている。参加料金は前売りで1万5000円、当日は2万円。(写真=エビスサーキット)
ドリフト祭りは年に3回、春と夏、秋に行われている。参加料金は前売りで1万5000円、当日は2万円。(写真=エビスサーキット)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.28 試乗記 4気筒モデルのバランスのよさも伝えられているが、「トヨタ・スープラ」といえば、やはり直6モデル「RZ」にとどめを刺す。電動化の波が押し寄せるさなかに復活した、古式ゆかしいスポーツカーの魅力を堪能した。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
ホームへ戻る