「ジャガーXJ」の2019年モデル登場

2018.09.21 自動車ニュース
「ジャガーXJ50」
「ジャガーXJ50」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月21日、「ジャガーXJ」の2019年モデルを発表し、同日、受注を開始した。

「XJ50」は2019年モデル限定グレードとして販売される。
「XJ50」は2019年モデル限定グレードとして販売される。拡大
「XJスポーツ&ラグジュアリー」
「XJスポーツ&ラグジュアリー」拡大
「XJスポーツ&ラグジュアリー」は20台の台数限定販売となる。
「XJスポーツ&ラグジュアリー」は20台の台数限定販売となる。拡大

2019年モデルでは、全車に自動緊急ブレーキを標準装備としたほか、XJの誕生50周年を記念して、2019年モデル限定グレード「XJ50」および20台限定の特別仕様車「XJスポーツ&ラグジュアリー」を設定した。

XJ50については、「プレミアムラグジュアリー」をベースに、最上級グレード「オートバイオグラフィー」と同じ形状のフロント/リアバンパーを採用。インテリアでは、18ウェイ調節機能やヒーター、クーラーマッサージ機能を備えたダイヤモンドカットのソフトグレインレザーシートやアノダイズ加工を施したシフトパドル、ブライトメタルペダルなどを特別装備する。また、リアとサイドベント、センターアームレスト、イルミネーション付きトレッドプレートなどに「XJ50」ロゴを配した。ボディーカラーは「フジホワイト」「サントリーニブラック」「ロワールブルー」「ロッセロレッド」の全4色展開。

XJ50の特別装備の内容は以下の通り。

  • 最上級グレード、オートバイオグラフィーと同形状のフロント&リアバンパー
  • 20インチ5スプリットスポーク“スタイル5045”(グロスブラックダイヤモンドターンドフィニッシュ)
  • ボディーカラー:「フジホワイト」「サントリーニブラック」「ロワールブルー」「ロッセロレッド」
  • リアとサイドベントの専用バッジ
  • 18ウェイシート(ヒーター、クーラー、マッサージ付き)
  • ダイヤモンドカットレザーシート
  • エンボス加工の「XJ50」を配したセンターアームレスト
  • アルミニウムパドルシフト
  • ブライトメタルペダル
  • グロスシャドウウォールナットパネル
  • 専用イルミネーション付きトレッドプレート
  • 4ゾーンクライメートコントロール

一方、特別仕様車のXJスポーツ&ラグジュアリーは、「Rスポーツ」をベースに、ボディーカラーには「ファラロンブラック」を、インテリアにはアイボリーを基調としたカラーリングを採用。レーンデパーチャーウオーニングやレーンキープアシスト、ドライバーコンディションモニターといった先進安全機能を標準装備としたほか、「リモートプレミアム」と「InControlアプリ」、Wi-Fiホットスポットからなるコネクトプロも装備する。

XJスポーツ&ラグジュアリーの特別装備の内容は以下の通り。

  • エクステリアカラー:ファラロンブラック
  • アイボリーを基調としたインテリア
  • LEDヘッドライト
  • 360度カメラおよびパークディスタンスコントロール
  • ブラインド・スポットアシスト
  • パークアシスト
  • コネクトプロ(リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポット)

価格はXJ50が1321万円で、XJスポーツ&ラグジュアリーが1258万円。その他のグレードは1149万円~2069万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • 「ベントレー・コンチネンタルGT」のV8モデルが日本上陸 最高出力550PS、最大トルク770N・m 2019.9.17 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2019年9月17日、V8エンジンを搭載した新型「コンチネンタルGT V8」(クーペ)および「コンチネンタルGTコンバーチブル V8」を導入すると発表した。
ホームへ戻る