「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「ワンダラー」発売

2018.11.01 自動車ニュース
「スズキ・ハスラー ワンダラー」
「スズキ・ハスラー ワンダラー」拡大

スズキは2018年11月1日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を設定し、同年11月15日に発売すると発表した。

「ハスラー ワンダラー」のカラーバリエーションは4タイプ。写真左上から時計回りに「シフォンアイボリーメタリック」「パッションオレンジ」「ブルーイッシュブラックパール」「ピュアホワイトパール」。
「ハスラー ワンダラー」のカラーバリエーションは4タイプ。写真左上から時計回りに「シフォンアイボリーメタリック」「パッションオレンジ」「ブルーイッシュブラックパール」「ピュアホワイトパール」。拡大
 
「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「ワンダラー」発売の画像拡大
 
「スズキ・ハスラー」の特別仕様車「ワンダラー」発売の画像拡大
バックドア部の「Wanderer」エンブレム。
バックドア部の「Wanderer」エンブレム。拡大

今回の特別仕様車ワンダラーでは、エクステリアのルーフやバンパーガーニッシュに新色のウッディブラウンを採用。全車2トーンルーフ仕様で、ボディーカラーにシフォンアイボリーメタリックやパッションオレンジなど全4色を設定した。さらに、ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプを搭載するなど装備を充実させた。

インテリアについても、インパネカラーパネルをウッド調とし、シートや本革巻きステアリングホイールのステッチ部分にはビビッドなオレンジの差し色を施すなどのドレスアップを施した。

ハスラー ワンダラーの主な特別装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ウッディブラウン2トーンルーフ
  • スモークメッキのフロントグリル
  • ウッディブラウン塗装のフロントバンパーガーニッシュ
  • ウッディブラウン塗装のリアバンパーガーニッシュ
  • ブラウンのフェンダーアーチモール&サイドスプラッシュガード
  • ブラウンのフロントバンパーおよびリアバンパー
  • スモークメッキの「HUSTLER」アルファベットエンブレム(フロントグリル部)
  • ルーフレール
  • ウッディブラウンのカラードドアミラー
  • サイドドアデカール
  • ホワイトの「HUSTLER」エンブレム(バックドア部)
  • 「Wanderer」エンブレム(バックドア部)
  • ガンメタリックの15インチスチールホイール

【インテリア】

  • ウッド調のインパネカラーパネル
  • ブラック&イエローブラウンのレザー調&ファブリックシート表皮(オレンジステッチ入り)
  • ベージュのドアトリムカラーパネル
  • ベージュのエアコンガーニッシュ
  • ガンメタリックのエアコンルーバーリングとスピーカーリング、ステアリングガーニッシュ
  • メッキインサイドドアハンドル

【その他の装備】

  • イエローブラウンの本革巻きステアリングホイール(オレンジステッチ入り)
  • 全方位モニター用カメラパッケージ(オプション設定)
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン
  • 「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESPをセットで標準装備

ハスラー ワンダラーの価格は、FF車が160万8120円で、4WD車が173万4480円。

また今回、ハスラーの各グレードについても以下の変更が実施されている。

  • 「G」「Gターボ」に搭載の衝突被害軽減システムをレーダー方式からステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」に変更し、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を標準装備(※CVT車に標準装備)
  • G、Gターボのホワイト2トーンルーフに「ブリスクブルーメタリック」「クールカーキパールメタリック」「アクティブイエロー」「フェニックスレッドパール」を設定し、2トーンルーフ仕様を7色9パターンへと拡充
  • 「J」「Jターボ」にモノトーン、ホワイト2トーンルーフ、ブラック2トーンルーフを設定し、カラーバリエーションを5色全8パターンに
  • インテリアのカラーパネルに「アイボリー」「イエロー」「カーキ」の3色を設定
  • J、Jターボに「ブラックインテリアパッケージ」をオプション設定
  • 「A」を除く全グレードに、ステアリングオーディオスイッチ、リモート格納ドアミラー(※Gの5MT車を除く)、6スピーカー(フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リア2スピーカー)を標準装備
  • J、Jターボは、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、IRカット機能付きフロントガラスを標準装備
  • Jターボにパドルシフト、クルーズコントロールシステムを採用

ハスラーの価格は110万0520円から173万4480円まで。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキの東京モーターショー2019出展車両 2019.9.30 画像・写真 スズキが東京モーターショー2019の出展車両を発表。「ハスラー」のコンセプトカーや、クーペからワゴンに変形するコンパクトPHV「WAKUスポ(ワクスポ)」、前後対称な自動運転車「HANARE(ハナレ)」などの姿を、写真で紹介する。
  • スズキが軽クロスオーバーワゴン「ハスラー」のコンセプトモデルを発表【東京モーターショー2019】 2019.9.30 自動車ニュース スズキが第46回東京モーターショー2019の出展概要を発表。展示車両は四輪、二輪、電動車いすの合計28台で、軽クロスオーバーワゴン「ハスラー」のコンセプトモデルや、前後対称デザインの自動運転車「HANARE(ハナレ)」など、4モデルが世界初公開となる。
  • これは現代の「ファミリア」か!?
    「CX-30」に見るマツダのねらいとは?
    2019.9.27 デイリーコラム マツダが新たなクロスオーバー「CX-30」の国内販売をスタートした。既存モデルとのすみ分けが微妙に思えるこのニューモデル。同社はどんなねらいで、何を目指して開発したのだろうか? その存在意義を、筆者はこう見る。
  • 第145回:欲望の縮小限定化NEW 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • ホンダN-WGN【開発者インタビュー】 2019.9.10 試乗記 軽ハイトワゴン市場での捲土(けんど)重来を期し、ホンダが投入した新型「N-WGN」。既存のモデルとは一線を画すデザインや、先進の運転支援システムが取り入れられた背景には、どのような理由があったのか? 軽自動車を取り巻く環境の変化をエンジニアが語る。
ホームへ戻る