ジュネーブで発表された「アルファ・ロメオ4C」の限定車発売

2018.11.22 自動車ニュース
「アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ」
「アルファ・ロメオ4Cコンペティツィオーネ」拡大

FCAジャパンは2018年11月21日、アルファ・ロメオの2シーターミドシップスポーツ「4C」「4Cスパイダー」に、専用のボディーカラーや装備を採用した限定車「4Cコンペティツィオーネ」ならびに「4Cスパイダー イタリア」を設定し、予約受け付けを開始した。

「4Cスパイダー イタリア」
「4Cスパイダー イタリア」拡大
写真は「4Cコンペティツィオーネ」のインテリア。両モデルとも、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシートなどを特別装備。シリアルナンバー入りのバッジも装着される。
写真は「4Cコンペティツィオーネ」のインテリア。両モデルとも、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシートなどを特別装備。シリアルナンバー入りのバッジも装着される。拡大

両モデルは、2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開された。4Cコンペティツィオーネは、専用フロントバンパーやカーボン製ルーフパネル、リアスポイラー、「ヴェスヴィオ・グレー・マット」の専用ボディーカラーを採用。4Cスパイダー イタリアは、ピアノブラック仕上げのエアインテークやリアディフューザー、「ミザーノ・ブルー・メタリック」の専用ボディーカラーを採用している。

インテリアでは、スポーツレザーステアリングやレザー/アルカンターラシート、レザーまたはアルミニウムの加飾パネルなどを採用。センターコンソールには、シリアルナンバー(連番)入りの専用バッジが付けられている。車両はイタリア・モデナの工場において手作りされ、両モデルとも左右どちらのハンドル位置も選択可能となっている。

価格と販売台数は以下の通り。

  • 4Cコンペティツィオーネ:1110万円(限定25台)
  • 4Cスパイダー イタリア:1110万円(限定15台)

(Clubpyme)

関連キーワード:
4C, 4Cスパイダー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ 4C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【レビュー】 2015.6.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
ホームへ戻る