メルセデス初の量産型ピュアEV「EQC」が上陸 デビュー記念の特別仕様車からウェブでの受注を開始

2019.07.04 自動車ニュース
メルセデス・ベンツEQC(写真はすべて「EQC400 4MATIC」)
メルセデス・ベンツEQC(写真はすべて「EQC400 4MATIC」)拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年7月4日、メルセデス・ベンツの電気自動車(EV)「EQC」の国内導入を発表した。スタンダードモデル「EQC400 4MATIC」に先行して、デビューを記念する特別仕様車「EQC Edition 1886(エディション1886)」の受注を同年7月18日に開始する。

リアはバンパー下部に見られるのはクロームのアクセント。排気ガスの出ないEVであるため、排気管は存在しない。
リアはバンパー下部に見られるのはクロームのアクセント。排気ガスの出ないEVであるため、排気管は存在しない。拡大
SUVタイプのボディーを持つ「EQC」。ややクーペライクな、流麗なスタイリングに仕立てられている。
SUVタイプのボディーを持つ「EQC」。ややクーペライクな、流麗なスタイリングに仕立てられている。拡大
シンプルなラインでデザインされたインテリア。運転席周辺がえぐらえれたような印象の造形になっている。
シンプルなラインでデザインされたインテリア。運転席周辺がえぐらえれたような印象の造形になっている。拡大
スポーティーな走りも想定したシートには、大きなサイドサポートが与えられる。
スポーティーな走りも想定したシートには、大きなサイドサポートが与えられる。拡大

後席(写真)の背もたれは40:20:40の分割可倒式となっている。


	後席(写真)の背もたれは40:20:40の分割可倒式となっている。
	拡大

パワーとスタミナはたっぷり

EQCは、メルセデス・ベンツ初のピュアEV。先進的なデザインは、基本思想とされる「Sensual Purity(官能的純粋)」を突き詰めたというもので、シンプルかつシームレスなフォルムが特徴とされる。フロントフェイスは大型のブラックパネルやマルチビームLEDヘッドライトで個性をアピール。ルーフラインとウィンドウグラフィックがリアに向かって緩やかに下降するスタイリングは、SUVとSUVクーペの中間に位置するクロスオーバーSUVであることを視覚的に強調する。ボディーサイズは、EQC400 4MATIC(海外仕様車)の場合で全長×全幅×全高=4761×1884×1623mm。ホイールベースは2873mmとなっている。

インテリアは、ダッシュボード中央部から運転席側にかけて大きくえぐったようなデザインが採用されており、10.25インチ液晶を2つ連結させたモニターやローズゴールドのエアコン吹き出し口なども特徴のひとつとされる。荷室の容量は、後席使用時で500リッター。

パワーユニットは前後アクスルに搭載される計2基のモーターで、システム最高出力は408ps(300kW)、システム最大トルクは765Nmと公表される。駆動方式は4WD。効率を高めるために、低中負荷領域ではフロントモーターのみで走行し、状況に応じてリアのモーターも稼働。前後のトルクを可変的に調整することで、四輪駆動ならではの優れたドライビング特性が得られるという。リチウムイオンバッテリーの容量は80kWhで、航続距離は国内のWLTCモードで400km、欧州の複合モードでは445~471kmとなっている。

走行モードは、基本となる「コンフォート」のほか、消費電力を抑える「エコ」、スポーティーな走りを実現する「スポーツ」、そしてサスペンションやステアリングの特性を個別に設定できる「インディビジュアル」が用意される。一方、回生モードについてもレベルが4段階に設定できるようになっている。

テレマティクスサービスについてはAI技術を活用したインフォテインメントシステム「MBUX」が標準装備されるほか、「EQオンラインナビゲーション」や「充電ステーション情報」、「出発時刻・プリエントリークライメートコントロール設定」、「最大充電電流設定」といったEQC専用のメニューが用意される。

フロントボンネットの下には、インバーター(写真中央)がおさまる。その下にフロントモーターがレイアウトされている。
フロントボンネットの下には、インバーター(写真中央)がおさまる。その下にフロントモーターがレイアウトされている。拡大
荷室の容量は、5人乗車時で500リッター。
荷室の容量は、5人乗車時で500リッター。拡大
給電口は2つ。リアバンパー右側(写真左下)には普通充電用の給電口が、右リアフェンダー上部(写真右上)にはCHAdeMO規格の給電口が備わる。
給電口は2つ。リアバンパー右側(写真左下)には普通充電用の給電口が、右リアフェンダー上部(写真右上)にはCHAdeMO規格の給電口が備わる。拡大
購入特典について説明する、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎 代表取締役社長兼CEO。EVに対する心理的・経済的ハードルを下げるべく、「EQC」には手厚い品質保証や充電の無料サービスなどが付帯する。
購入特典について説明する、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎 代表取締役社長兼CEO。EVに対する心理的・経済的ハードルを下げるべく、「EQC」には手厚い品質保証や充電の無料サービスなどが付帯する。拡大
「EQC」の国内デビューを機に、日本におけるメルセデス・ベンツのブランドアンバサダーに騎手の武 豊さん(写真右)が就任した。武さん自身、多くのメルセデスを乗り継いできたメルセデスファン。「こうした機会が得られたので、騎手としてもますますがんばろうと思いました」などと笑顔でコメントした。
「EQC」の国内デビューを機に、日本におけるメルセデス・ベンツのブランドアンバサダーに騎手の武 豊さん(写真右)が就任した。武さん自身、多くのメルセデスを乗り継いできたメルセデスファン。「こうした機会が得られたので、騎手としてもますますがんばろうと思いました」などと笑顔でコメントした。拡大

カタログモデルは来春発売

日本ではまず、海外でも展開されるデビュー記念モデルのEQCエディション1886が、55台限定で発売される。2019年7月18日11時から先着順でウェブ先行予約が始まり、同年10月以降にデリバリーが開始される予定だ。

エディション1886というモデル名は、ダイムラー社の創始者であるカール・ベンツとゴットリープ・ダイムラーが自動車を完成させた「1886年」に由来するもので、同社の新たな時代の幕開けを記念するものとして名付けられている。ベースとなるのは、EQC400 4MATIC。専用のブラックルーバーのラジエーターグリルやサイドエンブレム、白いアクセントを添えた専用20インチ10スポークアルミホイールなどにより、クリーンでシンプルなイメージが強調されている。

インテリアは、インディゴブルーのレザーARTICO(人工皮革)や黒い起毛素材をあしらったシートを採用。そのバックレストや専用のフロアマットには「1886」の刺しゅうが施されるほか、シルバー基調の専用マトリクスインテリアトリムが与えられている。

スタンダードモデルのEQC400 4MATICについては、受注の開始時期は未定であるものの、2020年春の配車が予定されている。

価格(消費税10%含む)は以下の通り。

  • EQC400 4MATIC:1080万円
  • EQCエディション1886:1200万円

なお、EQCの各モデルには、新車購入から5年間または走行10万kmのいずれか早いタイミングをリミットとして、一般保証修理と定期メンテナンス、24時間ツーリングサポートが無償で提供される保証プログラム「EQケア」が適用される。高電圧バッテリーについても、新車購入から8年または16万km以内の特別保証(サービス工場で高電圧バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合)が付帯。さらに、全国約2万1000基の充電利用料および月額基本料が1年間無料になるなど、“EVライフ”に対する不安を和らげる特典が用意されている。

(Clubpyme)

◆関連記事:「メルセデス・ベンツEQC」発表会の会場から

関連キーワード:
EQC, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(FF/6AT)【試乗記】 2019.11.14 試乗記 ルノーのモータースポーツ部門が手がけたハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」の中でも、さらに運動性能に磨きをかけた「トロフィー」が日本に導入された。より高出力なエンジンと、コーナリング性能を突き詰めた足まわりが織りなす走りを報告する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
ホームへ戻る