第40回:ジャガーIペース(前編)

2019.07.10 カーデザイナー明照寺彰の直言
ジャガーIペース
ジャガーIペース拡大

ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。

明照寺:「『Iペース』って、ジャンル不明なカタチしてますよね」
ほった:「ジャガー的にはSUVのくくりみたいですけどね。車名も『○ペース』だし、最大渡河深度500mmなんてうたってるし」
永福:渡河深度って、ハラに90kWhのバッテリーを抱えたクルマで川渡りたいと思う人、いるのかな?
ほった:……。
明照寺:「『Iペース』って、ジャンル不明なカタチしてますよね」
	ほった:「ジャガー的にはSUVのくくりみたいですけどね。車名も『○ペース』だし、最大渡河深度500mmなんてうたってるし」
	永福:渡河深度って、ハラに90kWhのバッテリーを抱えたクルマで川渡りたいと思う人、いるのかな?
	ほった:……。拡大
タイヤサイズは、コイルサス仕様が235/65R18、エアサスペンション仕様が245/50R20。オプションで22インチのアルミホイールと255/40R22サイズのタイヤの組み合わせも用意される。
タイヤサイズは、コイルサス仕様が235/65R18、エアサスペンション仕様が245/50R20。オプションで22インチのアルミホイールと255/40R22サイズのタイヤの組み合わせも用意される。拡大
前後のオーバーハングをガッツリと切り落としたスタイリングも「Iペース」の特徴。
明照寺:「EVならではの、EVにしかできないデザインですよね」
前後のオーバーハングをガッツリと切り落としたスタイリングも「Iペース」の特徴。
	明照寺:「EVならではの、EVにしかできないデザインですよね」拡大
こちらは「Iペース」のコンセプトカー(上)と市販モデル(下)との比較。市販に至るまでに、ここまで変化のなかったクルマも他にないだろう。
こちらは「Iペース」のコンセプトカー(上)と市販モデル(下)との比較。市販に至るまでに、ここまで変化のなかったクルマも他にないだろう。拡大

新しいのにちゃんと“ジャガー”に見える

明照寺彰(以下、明照寺):ジャガーIペースのデザインは、一般的な基準で見るとジャンルがわかりづらいですよね。

永福ランプ(以下、永福):確かに微妙に独特で、微妙にどこにも属さない気がします。

明照寺:他のSUV系ジャガーに近いデザインテーマを守ってはいますが、パッケージは全然違います。まずは、「それでもジャガーに見える」というのがすごくいいんじゃないでしょうか。

ほった:別物のジャガーだけど、確かにジャガー。

明照寺:ちょっとパッケージが奇抜なので、見慣れない部分はありますけど、個人的にはカッコイイと思います。全高は1565mmとそれなりに高いんですが、背の高いパッケージにもかかわらず、これだけスポーティーに見せてるところがキモでしょう。まあ、タイヤサイズがデカイということもありますが。

ほった:今日お2人に見てもらったクルマなんて、22インチですよ。255/40R22。

永福:タイヤ交換が憂鬱(ゆううつ)だ……。

明照寺:タイヤの外径が非常にデカイじゃないですか。それで前後オーバーハングをこれだけ切り詰めているので、まあどうやったってカッコよくなるのかなという気もしますけど(笑)。

永福:クルマは低く平べったくすれば自動的にカッコよくなるのと同じで、タイヤ外径を大きくしても自動的にカッコよくなるんですね?

明照寺:そうです。でも、それを抜きにしても、Iペースはジャガーらしい質感が出ていて、すごくいいんじゃないでしょうか。ただ単純にジャガーらしいモチーフを使っているってだけじゃなくて。もちろん新しさもちゃんとあって、ちょっと面質がドライというか、他のジャガーに比べると、ボリュームはついてるけれど、“タメ”みたいなものが少なくて、キレがいいんですよ。

永福:タメが少なくてキレがいい?

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

Clubpymeほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.10.21 試乗記 欧州プレミアムブランドの電気自動車(BEV)として、いち早く“公道デビュー”を果たした「ジャガーIペース」。航続距離438km(WLTCモード)という実用性と、スポーツカーもかくやの動力性能を併せ持つ次世代ラグジュアリーカーが見せる新世界とは?
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第41回:ジャガーIペース(後編) 2019.7.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 他のどんなクルマにも似ていないデザインで登場した、ジャガー初の電気自動車「Iペース」。このモデルが提案する“新しいクルマのカタチ”は、EV時代のメインストリームとなりうるのか? 明照寺彰と永福ランプ、Clubpymeほったが激論を交わす。
  • 第40回:ジャガーIペース(前編) 2019.7.10 カーデザイナー明照寺彰の直言 ジャガーからブランド初の100%電気自動車(EV)「Iペース」が登場。SUVのようにも、ハッチバックのようにも見える400psの快速EV。そのデザインに込められた意図とは? EVデザインのトレンドを踏まえつつ、現役の自動車デザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る