クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)/CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)

待つ価値あり 2019.08.13 試乗記 最高出力421ps、最大トルク500Nmという“世界最強”の2リッター直4ターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+/CLA45 S 4MATIC+」。セグメントの枠を超えたその走りを、スペイン・マドリードのワインディングロードとサーキットで試した。

久々に感じたAMGの狂気

メルセデスAMGの新しい2リッター4気筒ユニットM139型は、最高で421psを発生する。ターボ化によるパワーインフレは世の流れとはいえ、リッターあたり200psオーバーといえばスーパーカーでさえ達成できていない境地だ。それらをもあっさりと上回る過激すぎるスペックは、ひと昔前なら巨大なタービンに追加インジェクターも打ちまくったイリーガルすれすれなチューニングカーの領域だろう。それをしれっとプロダクションカーに搭載するというのは前代未聞。「ハンマー」や「ブラックシリーズ」にも通じる、AMGの狂気を久々に見た思いがする。

このエンジンが搭載されるのはAクラスとCLAになる。欧州では、「A45」「CLA45」の名でM139型のマイルド版を搭載する387ps仕様も存在するが、日本仕様は421psのA45 S、CLA45 Sのみと、インポーター側の判断も勇ましい。ちなみに両者の出力差はブースト圧によるもので、前者が1.9に対して後者が2.1となる。いずれにせよとんでもない数値ではある。

M139型は先代A45のM133型とは全く異なる、現状ではこのモデルのためだけに存在するものだ。製造もAMGの本拠地であるアファルターバッハに移動し、新設のラインで「ワンマン・ワンエンジン」のポリシーに沿ってハンドビルドで組み立てられる。

低摺動(ていしゅうどう)と高硬度化を実現する、ナノスライドコーティングのライナーを擁するシリンダーブロックはクローズドデッキ、クランクケースは強化アルミ製、クランクやピストンは鍛造品と、高出力に対応するためのエンジニアリングは随所にみられる。タービン軸にローラーベアリングを用いた大径ツインスクロールターボを収めるスペースを稼ぎつつ、インタークーラーのパイピングをシンプルにレイアウトできるということで、エンジンは後方排気となり、タービンの冷却風はシリンダーヘッド上方からガイドに沿って導かれるなど、そのパッケージには「AMG GT」が搭載するM178型からのフィードバックも多くうかがえる。

「A45」(右)と「CLA45」(左)は、メルセデスAMGが開発を手がけたパワフルなスポーツコンパクト。2代目となる新型には、標準モデルとより高性能な「S」の2種類が用意されるが、日本に導入されるのは後者のみとなる。
「A45」(右)と「CLA45」(左)は、メルセデスAMGが開発を手がけたパワフルなスポーツコンパクト。2代目となる新型には、標準モデルとより高性能な「S」の2種類が用意されるが、日本に導入されるのは後者のみとなる。拡大
ブラックを基調としたスポーティーなインテリア。各部に見えるイエローの差し色は、「A45/CLA45」の中でも「S」モデルだけに採用される。
ブラックを基調としたスポーティーなインテリア。各部に見えるイエローの差し色は、「A45/CLA45」の中でも「S」モデルだけに採用される。拡大
421psの最高出力と500Nmの最大トルクを発生する、M139型2リッター直4ターボエンジン。従来モデルのM133型より、30psの出力向上と25Nmのトルクアップを実現している。
421psの最高出力と500Nmの最大トルクを発生する、M139型2リッター直4ターボエンジン。従来モデルのM133型より、30psの出力向上と25Nmのトルクアップを実現している。拡大
今回の試乗は、スペイン・マドリードの市街地や付近のワインディングロード、およびハラマサーキットで行われた。
今回の試乗は、スペイン・マドリードの市街地や付近のワインディングロード、およびハラマサーキットで行われた。拡大

「A」と「CLA」とで異なるキャラクター

ドライブトレインは「4MATIC+」、つまり四駆を採用しており、前後駆動配分を100:0~50:50の間でリニアに可変させるオンデマンド型となる。そこに加えられたのが「AMGトルクコントロール」なるデバイスだ。これは後軸の左右輪に設けられた多板クラッチを電子制御することにより、左右駆動配分を0~100の範囲で無段階可変とするもの。これによりアンダーステア抑制のみならず、リアスライド状態を容易に作り出すなど、アクティブなボディーコントロールが可能となっている。トランスミッションは新設計の8段DCTのみの展開だ。

このパワーと駆動力に応えるべく、ボディーはじか付けのアルミパネルやブレース&ガセット、ストラットタワーバーなどでガッチリと固められる。加えて250km/hを軽くオーバーするパフォーマンスに合わせて外装にも専用部品を多用し、エアロダイナミクスが改められている。電子制御可変ダンパーを用いる足まわりは、「スリッピー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「レース」「インディビジュアル」と用意される走行モードに応じて、3段階のダンパーレートを使い分けるほか、足まわり部品やステアリング支持部などの強化が正確でダイレクトな応答性に寄与している。

かように、あらゆるところに手が加え尽くされたタダ者ではないクルマ……という圧は、一見してA45 Sの側が強く、それはひとえに拡幅したフロントトレッドをカバーするフェンダーの張り出しによるところが大きい。一方、ボディーそのものに変更のないCLA45 Sも、整ったデザインがかえって「羊の皮をかぶった狼」的なすごみを高めているように見えてくる。

それは走りについても然(しか)りだ。過激なパワーを見て多くが期待するだろう豆爆弾的なさく裂感はA45 Sの側に強く現れていて、比べればCLA45 Sは本気の全開時でさえ、しっとりと落ち着いた動きをみせる。0-100km/h加速が3.9秒(A45 S)という数字の前に、速いか遅いかの問答は無意味だろうが、その質がとても洗練されているように思えるのは、エンジンの吹け上がりの滑らかさに加えて全域で足の動きがよく、車体挙動が穏やかだからだろう。

2枚の巨大液晶モニターからなるコックピットディスプレイには、パワートレインの温度モニターや、Gセンサー、エンジンの出力/トルクメーターなどの機能が追加されている。
2枚の巨大液晶モニターからなるコックピットディスプレイには、パワートレインの温度モニターや、Gセンサー、エンジンの出力/トルクメーターなどの機能が追加されている。拡大
ステアリングホイールに備わる「AMGダイナミックセレクト」のモード切り替えスイッチ。「スリッピー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「レース」「インディビジュアル」の6つの走行モードが備わる。
ステアリングホイールに備わる「AMGダイナミックセレクト」のモード切り替えスイッチ。「スリッピー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「レース」「インディビジュアル」の6つの走行モードが備わる。拡大
左フロントフェンダーまわりの陰影に注目。「A45」と「CLA45」はともにベース車よりフロントのトレッドが拡大しているのだが、A45ではそれを収めるためにフロントフェンダーも大型化している。
左フロントフェンダーまわりの陰影に注目。「A45」と「CLA45」はともにベース車よりフロントのトレッドが拡大しているのだが、A45ではそれを収めるためにフロントフェンダーも大型化している。拡大
0-100km/h加速のタイムは「A45 S」が3.9秒、「CLA45 S」が4.0秒。最高速は、ともにリミッターで270km/hに抑えられている。
0-100km/h加速のタイムは「A45 S」が3.9秒、「CLA45 S」が4.0秒。最高速は、ともにリミッターで270km/hに抑えられている。拡大

サーキットで光るドライブトレインの制御

馬力相応に締め上げられたサスペンションのソリッドな上下動を甘受することがスポーツドライビングのライブ感にも思えていた先代とは打って変わり、新しいA45 SとCLA45 Sのライドフィールは走りだしからその丸さに驚かされる。タウンスピードでも細かな凹凸を穏やかに吸収する一方で、路面とのコンタクト感がしっかり確保された足まわりは、可変ダンパー採用などの効果も大きいだろう。大きな凹凸をまたいだ際にはさすがにバネやスタビの硬さを突き上げとして感じることになるが、そのアタックも前型に比べれば優しくなっている。この乗り心地をもってすれば、CLA45 Sなどはあまたのスポーツサルーンを向こうに回して上質さを競うこともできるのではないか。それほどに洗練されているといっても大げさではないだろう。

ワインディングレベルのスピードでは、内輪をつまんで積極的に車体をイン側に向けていくベクタリング機構の効果が前面に出て、敏しょう性がちょっと際立つ感があるものの、本格的に左右の後輪が差動を開始するサーキットスピードになってくると、A45 S、CLA45 Sの挙動は基本的にニュートラルだ。FFならば我慢できずにアンダーステアが現れるような状況でも、外輪が積極的に車体をコーナーに沿わせてくれるおかげで、早いタイミングからアクセルをグイグイ踏んでいける。が、たとえドライブモードが最も攻撃的なレースであっても、頼んでもいない場面でテールブレークを誘発するようなことはない。

そういうドライビングがお望みとあれば、一定の手順を踏んであらかたの姿勢制御を外し、後ろの左右輪差動をめいっぱいブレーク側に効かせる「ドリフト」モードもご丁寧に用意されている。が、さすがに前輪側に駆動配分を残すこともあって、腕利きでも振り戻しのコントロールなどは難しそうだった。これはあくまでも余技として捉えたほうがいいだろう。

マドリードの市街地を行く「CLA45 S」。400psオーバーの高出力エンジンやフルタイム4WD機構を搭載する「A45 S」とCLA45 Sだが、ともに約12km/リッターの燃費性能を実現している(NEDC複合モード)。
マドリードの市街地を行く「CLA45 S」。400psオーバーの高出力エンジンやフルタイム4WD機構を搭載する「A45 S」とCLA45 Sだが、ともに約12km/リッターの燃費性能を実現している(NEDC複合モード)。拡大
前席には合成皮革とマイクロファイバーを組み合わせたスポーツシートに加え、ブラックとグレーのレザーを用いたAMGパフォーマンスシートも用意される。
前席には合成皮革とマイクロファイバーを組み合わせたスポーツシートに加え、ブラックとグレーのレザーを用いたAMGパフォーマンスシートも用意される。拡大
「A45 S」と「CLA45 S」に装備される19インチのツインスポークアルミホイール。強化されたフロントブレーキも「S」の特徴で、赤で塗装された6ピストンのキャリパー(標準車は4ピストン)と、標準車よりひとまわり大きな360×36mmのディスクローターが組み合わされる。
「A45 S」と「CLA45 S」に装備される19インチのツインスポークアルミホイール。強化されたフロントブレーキも「S」の特徴で、赤で塗装された6ピストンのキャリパー(標準車は4ピストン)と、標準車よりひとまわり大きな360×36mmのディスクローターが組み合わされる。拡大
パワースライドを容認する「ドリフト」モードは、ドライブモードで「レース」を選択し、ESPをカット、トランスミッションを手動変速とすると呼び出すことができる。
パワースライドを容認する「ドリフト」モードは、ドライブモードで「レース」を選択し、ESPをカット、トランスミッションを手動変速とすると呼び出すことができる。拡大

ただパワフルなだけではない

スペックを見ればお分かりの通り、今どき珍しいほどの高回転型キャラクターゆえ、エンジンのパフォーマンスは1500rpm以下の低回転域での実効トルクがさすがに薄い。これをワイドレシオな8段DCTですかさず補う算段だが、山道の登坂路などをちょっと気持ちよく走ろうという時には、ドライブモードの「スポーツ」が絶妙な設定でアシストしてくれる。

一方で中高回転域のパワフルさは言うに及ばず、望外なのは音・振動の面でも心地よい伸びやかさや聴かせるサウンドを備えていることだ。この辺りは直噴だけでなくポート噴射も加えたデュアルインジェクターを採用していることも奏功しているかもしれないが、メルセデス&AMG系のエンジンとしてこれほど官能性を記したくなったのは、6.2リッターNAのM156系以来のことだと思う。

日本での発表・発売は「2019年内を目指している」ということだが、昨今欧州はWLTPマッチングで生産スケジュールが圧迫されていることもあって、定かなことは言えない状況だという。が、このモデルたちがCセグメントのスポーツカテゴリーに与える影響は少なからぬものがあるだろう。願わくは可能な限りお求めやすい値札を掲げていただければと念じつつ、小兵好きな日本のユーザー各位におかれては「待つ価値あり」と記しておきたい。

(文=渡辺敏史/写真=ダイムラー/編集=堀田剛資)

500Nmという最大トルクを発生する「A45 S」「CLA45 S」だが、その発生回転域は5000-5250rpm。より低い回転域から最大トルクを発生する他のエンジンとは異なり、高回転型のキャラクターとなっている。
500Nmという最大トルクを発生する「A45 S」「CLA45 S」だが、その発生回転域は5000-5250rpm。より低い回転域から最大トルクを発生する他のエンジンとは異なり、高回転型のキャラクターとなっている。拡大
エキゾーストシステムには、エンジンの回転数や負荷に応じて制御されるフラップが備わっており、状況に応じて落ち着いたサウンドと刺激的でスポーティーなサウンドの使い分けが可能。オプションで、センサーで拾ったマフラー内の音を車内にひびかせる「AMGリアルパフォーマンスサウンド」も用意される。
エキゾーストシステムには、エンジンの回転数や負荷に応じて制御されるフラップが備わっており、状況に応じて落ち着いたサウンドと刺激的でスポーティーなサウンドの使い分けが可能。オプションで、センサーで拾ったマフラー内の音を車内にひびかせる「AMGリアルパフォーマンスサウンド」も用意される。拡大
新型「A45 S」「CLA45 S」の日本導入は、2019年内の予定となっている。
新型「A45 S」「CLA45 S」の日本導入は、2019年内の予定となっている。拡大
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+拡大

テスト車のデータ

メルセデスAMG A45 S 4MATIC+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4445×1850×1412mm
ホイールベース:2729mm
車重:1550kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:421ps(310kW)/6750rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/5000-5250rpm
タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)245/35ZR19 93Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)
燃費:8.4-8.3リッター/100km(約11.9-12.0km/リッター、NEDC複合モード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション/トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+
メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+拡大

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4693×1857×1413mm
ホイールベース:2729mm
車重:1600kg(DIN)
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:421ps(310kW)/6750rpm
最大トルク:500Nm(51.0kgm)/5000-5250rpm
タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)245/35ZR19 93Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)
燃費:8.3-8.1リッター/100km(約12.0-12.3km/リッター、NEDC複合モード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--

テスト車の年式:2019年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション/トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

Clubpymeの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。