第204回:秋の夜長に観たい! 肩のこらないクルマ映画DVD3選

2019.10.04 読んでますカー、観てますカー

『60セカンズ』オマージュ

「トロント都市圏においては97秒ごとにクルマの盗難が発生している」

冒頭に流されるテロップである。深刻な被害が広がっているというアピールなのだろうが、1日に900台弱が盗まれているという計算だ。さすがに社会問題になるような気がするが、はそういう世界観の映画なのだろう。敏腕クルマ泥棒の青年が主人公である。

そう聞くと『60セカンズ』を想起する人も多いだろう。ニコラス・ケイジとアンジェリーナ・ジョリーという今では考えられない組み合わせの共演が実現した自動車窃盗犯罪映画である。今作の主人公マイキーは、この映画を観てクルマ泥棒を志したという設定だ。あの怪作が古典扱いになっているのは驚いた。2000年の公開だから、マイキーはDVDで観たのだろうか。

手っ取り早く稼ぐには高価なクルマを狙うのが常道だ。フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンなどのスーパーカーがスクリーンを埋め尽くす。南アフリカで高級車の需要が増えているが、正規ディーラーが少ないことから盗難車を輸入するしかないという話になっている。筋は通っているが、本当かどうかはわからない。

自信にあふれたマイキーはクルマを盗みまくるが、あえなく逮捕されることに。一獲千金のつもりでターゲットにした「シェルビー・コブラ」のオーナーが刑事だったのだ。終身刑を逃れるためには、警察に協力して潜入捜査をするしかない。最新技術のリレーアタックにも習熟したマイキーはクルマ窃盗集団のボスに気に入られ、組織の内情を探っていく。

マイキーの趣味はドリフトである。ドリフト文化の根付いていないアメリカでは珍しいこと。やはりここは日本車の出番だ。サーキットで「日産フェアレディZ」や「ホンダS2000」に乗って華麗な舞を見せる。スーパーカー好きにも日本車好きにも楽しめる映画だ。

『スピード・スティール』DVD拡大
「シェルビー・コブラ」
イギリスの自動車メーカーACカーズが販売していたスポーツカー「ACエース」に、キャロル・シェルビーがアメリカ製のV8エンジンを載せて製作したのが「ACコブラ」。改良を重ねて7リッターの強力なエンジンを搭載し、レースでも活躍。後に商標権を獲得し、「シェルビー・コブラ」となった。
「シェルビー・コブラ」
	イギリスの自動車メーカーACカーズが販売していたスポーツカー「ACエース」に、キャロル・シェルビーがアメリカ製のV8エンジンを載せて製作したのが「ACコブラ」。改良を重ねて7リッターの強力なエンジンを搭載し、レースでも活躍。後に商標権を獲得し、「シェルビー・コブラ」となった。拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事