東京モーターショー2019

会場ガイド歴10年のジャーナリストが指南する 東京モーターショー2019の歩き方

2019.10.16 デイリーコラム

モーターショーのガイドとは?

モーターショーの楽しみ方のひとつに「ガイドツアー」がある。日本だけでなく世界のあちこちのモーターショーでも人気で、東京モーターショーでも、モータージャーナリストがガイドとなって約2時間のツアーを実施している。

東京モーターショーでツアーに参加するには、公式ホームページで「ガイド付き」のチケットを購入する必要がある。また、ガイド付きチケットの数には限りがあるので、毎回、開幕が近づくとチケットは売り切れ状態となる。会期中に会場でガイドツアーの存在を知っても後の祭り! ということが多いので、参加を希望する人は、なるべく早くチケットを購入することをおすすめしたい。

で、筆者はといえば、実は10年ほど前からそのガイド役を務めてきた。その経験から言えば、2時間で会場を回りきるのは、実はけっこう難しい。すべてを見ることができないため、取捨選択が重要だ。それに、ある程度ターゲットを絞った方が、その年のトレンドが理解しやすい。ちなみに、これまで筆者が案内してきたのはクルマの初心者ばかりではなく、マニアックなクルマ好きや自動車業界への就職を希望する学生、さらには現在サプライヤーに勤務中という人までいた。意外にクルマに詳しい人も多いのだ。これは、ガイドツアーを利用することで、出展車だけでなく、そのクルマにまつわる過去の流れや業界のトレンドなども理解していただけているからではないかと自負している。より深くモーターショーを楽しみたいなら、ぜひとも利用してほしいサービスだ。ご参加、お待ちしております!

……というわけで、すでに報じられているように、2019年の東京モーターショーはこれまでになく変則的な会場構成となっている。2020年に東京オリンピックが開催される影響もあって例年の会場が使えず、メインの展示会場が「AOMI EXHIBITION(青海エキシビション)」「ARIAKE EXHIBITION(有明エキシビション)」の2カ所に分断されてしまったのはご存じの通り。さらに、海外ブランドの多くが欠席(メルセデス・ベンツとスマート、ルノー、アルピーヌ、アルピナ以外)するため、クルマに限らず未来の生活を提案する「FUTURE EXPO(フューチャーエキスポ)」や、連絡通路を使った展示スペース「OPEN ROAD(オープンロード)」、試乗プロゴラムを用意した「DRIVE PARK(ドライブパーク)」なども用意された。つまり2つの展示ホールに、フューチャーエキスポとオープンロード、ドライブパークの3つを加えた、合計5カ所の見どころを用意するのが、2019年の東京モーターショーの特徴だ。

「青海エキシビション」にはトヨタとダイハツ、スバルなどがブースを出展。写真はトヨタが展示する「e-Palette」。
「青海エキシビション」にはトヨタとダイハツ、スバルなどがブースを出展。写真はトヨタが展示する「e-Palette」。拡大
「有明エキシビション」には日産、ホンダ、スズキ、三菱、レクサス、マツダに加えて、メルセデス・ベンツやルノーといった海外ブランドが出展。写真は日産が世界初公開する予定のコンセプトカー「日産IMk」。4階にはパーツサプライヤーもブースを出展する。
「有明エキシビション」には日産、ホンダ、スズキ、三菱、レクサス、マツダに加えて、メルセデス・ベンツやルノーといった海外ブランドが出展。写真は日産が世界初公開する予定のコンセプトカー「日産IMk」。4階にはパーツサプライヤーもブースを出展する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事