モデルチェンジで生産台数が10倍に!?
「ミライ」は燃料電池車の未来を変えるか?

2019.10.18 デイリーコラム

「エコ」以外の魅力が大事

トヨタが東京モーターショー2019に出展する新型FCV(燃料電池車)は、予想外のものだった。2020年の年末に発売されるというこのクルマ、現行の「カムリ」を思わせる大きな顔はともかく、4ドアクーペとでもいうべき流麗なデザインは、従来のFCVのイメージとはずいぶん異なる。ボディーの長さは5mに迫り(全長×全幅×全高=4975×1885×1470mm)、ホイールベースは3m近い2920mm。20インチの大径タイヤと相まって、ダイナミックで軽快なイメージが演出されている。

乗れば、ワインディングロードでも意のままになる走りが楽しめるとうたわれている。デザインやプラットフォームが新しいだけでなく、駆動方式も前輪駆動から後輪駆動へと変更されているのだ。

この「MIRAI Concept(ミライ コンセプト)」は、2014年にデビューしたFCV「MIRAI(ミライ)」の次期型という。初代は、ずんぐりとしたマッシブなスタイル。まるで違うクルマのような気がするけれど……。なんでまた、これほどの方向転換が必要になったのか?

初代からミライの開発に携わってきたチーフエンジニア・田中義和さんは言う。
「初代にあたる現行型は、とにかく環境コンシャスなクルマでした。でも、いまのようにいろんな環境コンシャス車が並ぶ中で選んでいただくとしたら、もう環境性能がいいのは当たり前。これからは“クルマとしての素性のよさ”をどれだけ出せるかが大事になってくるはずなんです」

そのひとつが、エモーショナルで魅力的なデザインというわけだ。でも冷静に見れば、見た目にも“異形のもの”だった初代に比べて、この2代目ミライは“フツーなカタチ”と言えなくないか。

「う~ん。もし皆さんが初代のデザインを支持されるなら、われわれもまた、そちらに変えていけばいいんですよ! でも実際に両車を並べて『新型のほうがカッコ悪い』と思われたら、今回の僕の企画は失敗ですね(苦笑)」

もちろん見た目だけではなく、航続距離を30%アップさせるなど、燃料電池車としての性能向上も図られている。しかし新型には、ほかに重要な役割があるという。

2019年10月11日に概要が発表された「ミライ コンセプト」。新型「ミライ」は、2020年末の発売を目標に開発が進められている。


	2019年10月11日に概要が発表された「ミライ コンセプト」。新型「ミライ」は、2020年末の発売を目標に開発が進められている。
	拡大
大きなヘッドランプとグリルが目を引くフロントフェイス。「フォースブルー マルチプルレイヤーズ」と呼ばれるボディーカラーも新たに開発された。
大きなヘッドランプとグリルが目を引くフロントフェイス。「フォースブルー マルチプルレイヤーズ」と呼ばれるボディーカラーも新たに開発された。拡大
新型のコンセプトを説明する、トヨタのスライド資料。中央に描かれているイメージは、現行型の「トヨタ・ミライ」。
新型のコンセプトを説明する、トヨタのスライド資料。中央に描かれているイメージは、現行型の「トヨタ・ミライ」。拡大
次期型「ミライ」への思いを熱く語る、田中義和さん。これまで「プリウスPHV」や「ミライ」といったトヨタのエコカー開発に関わってきた。
次期型「ミライ」への思いを熱く語る、田中義和さん。これまで「プリウスPHV」や「ミライ」といったトヨタのエコカー開発に関わってきた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る